1ヶ月で絶対に痩せる!短期集中ダイエットの実践方法!

ダイエットには「短期集中型」と「長期型」があります。できるなら、短期で痩せたいですね☆
そこで今回は一か月で痩せる「短期集中型」のダイエット方法をご紹介します☆

スポンサーリンク

短期集中ダイエット!

短期集中ダイエット
http://eooplus.info

ダイエットには「短期集中型」と「長期型」があります。
できるなら、短期で痩せたいですね☆

これから夏に向けてお肌を露出するファッションが多くなってきます。
オシャレなファッションを楽しむなら、やっぱりダイエットは必要。
夏に限らず、女性なら常に理想の体重をキープしたいですよね。

そこで、今回は一か月で痩せる「短期集中型」のダイエット方法をご紹介します☆

まずは、食事の見直しから。

コロッケ

出典:http://www.pakutaso.com/20141143315post-4819.html

ダイエットには食事制限も大事ですが、まずは普段の食事から見直すのも
短期間で痩せるコツです☆

「洋食が多めの方は、和食中心にしてみる。」
「パン食の方は、お米を取るようにする。」
「油ものが大好きな方は、半分ぐらいに抑える。」など

いきなりガツンと変えるとストレスにもなるので、まずは七日ほど食生活を見直してみましょう。

野菜は、体に蓄積された毒素を排出する手助けをしてくれます。
パスタや麺類が好きな方は、野菜も一緒に取るなどの心がけで体内もだいぶ改善されますよ。

「おやつは3時。」
おやつを食べる時は、3時を基本にすると規則正しい食生活を
送る事が出来ます。
人の体は「6時間」を経過すると空腹になります。
お腹の空いてない時に食べてしまうと余計な糖分を吸収してしまうのでおやつは3時に食べましょう。

ただし食べ過ぎは厳禁!
甘い物を取るときは、ブラックコーヒーやお茶などの飲み物と一緒に食べるのがオススメです☆

「食べないダイエットはしないこと」

空腹
出典:http://www.pakutaso.com/20140925248post-4540.html

よく「絶食ダイエット」などの無理に体重を落とす方法がありますが、
健康的に痩せたいなら、絶食は控えた方が無難です。
絶食をして、体内に栄養分が足りなくなると、体は餓鬼状態に入り
危機感で、脂肪分や糖分を過剰に摂取してしまいます。

「食べない苦痛」はダイエット中のストレスの素!
絶食後の食事は、反動で暴飲暴食になる可能性も高くなり
リバウンドしてしまう危険性もあるので、絶食は控えましょう。

食べたいなら食べる。ただし、量と種類に気をつける事が重要です☆

「たっぷりの睡眠は大事です」

ネコ
出典:http://www.pakutaso.com/20131041296post-3408.html

たっぷりの睡眠は美容にも良いと言われています。
朝、早めの起床で体を慣れさせておくと、夜は早めに眠くなります。
早寝早起きは、ダイエットにも効果的☆

なるべく10時にはベットに入れるようになると良いですね☆
それが、難しいなら良質の睡眠を。
寝る前の軽いストレッチや、温かい飲み物は体をぐっすり休ませてくれる効果があるので、
白湯やホットミルクなどもおススメです!

「デトックススープを1食は食事に取り入れる」

デトックススープ

出典:http://cookpad.com/recipe/2692481

腸内環境を良くして腸の中をキレイにすると、体重が減ると言われます。
腸内改善におススメの「デトックススープ」を毎日の食事に取り入れて体の毒素を排出してしまいましょう!

食べるポイントは、ご飯前に1杯は食べる事です☆
深夜の遅い食事にもピッタリなので、忙しい方にもおススメ!

「ルールは厳しすぎない程度に」

ダイエット
出典:http://www.pakutaso.com/20141122325post-4854.html

1ヵ月の短期集中だからと言って、ガッツリとルールを作っては1週間でギブしてしまいます。
ところどころに、気分を休めるワンクッションを置く方がストレスも貯まらず継続に繋がります。

けれど、ある程度のルールは必要。
「食べ過ぎた翌日は、朝を野菜ジュースかサラダだけにする」
「甘い物を食べたい時は、必ずお茶かブラックコーヒーで」
「飲んだ翌日は、食事の量を減らす」
などの軽めのルールにとどめておきましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ダイエット1ヵ月で痩せるポイントをご紹介しましたが、いかがでしたか?
1ヵ月と短い期間なので、焦りがちですが無理なダイエットは控えるように。
ポイントは
「絶食しない」・「和食中心」・「適度な運動」です☆
まずは七日、体を慣らしてから
ご自分に合ったライフスタイルでチャレンジしてみてください!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする