魅力的な唇に♡自分に合った口紅の選び方と塗り方で口元美人をつくりましょ♪

口紅って、ちょっとつけただけでも顔の印象大きく変わりますよね?でも、口紅って、簡単そうに見えてちょっと大変。。
色がムラになったり、ちょっとはみでちゃったり、すぐ落ちてしまったりと、口紅に関する悩みを抱えている方も多いのでは?ここでは、自分に合った口紅の選び方と口紅を上手に使う活用術をご紹介します!

スポンサーリンク

口紅を使いたいけど、うまく使えない人へ

口紅
出典: mery.jp

口紅って、ちょっとつけただけでも顔の印象大きく変わりますよね?
でも、口紅って、簡単そうに見えてちょっと大変。。

色がムラになったり、ちょっとはみでちゃったり、すぐ落ちてしまったりと、口紅に関する悩みを抱えている方も多いのでは?

ここでは、自分に合った口紅の選び方と口紅を上手に使う活用術をご紹介します!

スポンサーリンク

似合う質感を見つけよう

質感
出典:http://za-tu-ga-ku.seesaa.net/article/403237287.html

一言で口紅と言っても、質感はそれぞれです。
年代や肌にあった質感を紹介するので、自分がどちらに当てはまるかを確認しましょう。

パーリー&グロッシー

光沢感の強いパーリーとグロッシーの質感の口紅は、艶・ハリ感・透明感のある肌の人になじみます。
また、くすみやたるみが気になる30代以上の人は、逆にトラブルを強調するようになってしまうので気をつけましょう。

マット&セミマット

艶がないマット・セミマットはマット肌・30代以上の肌・トラブル肌の人になじみます。
ただ、30代以上の肌の場合、唇の縦皺を目立たせてしまうので、マットより少しツヤ感のあるセミマットが良いでしょう。

スポンサーリンク

似合う色とベース

色を選ぶにあたっては、大事なのは、以下の2点です。

・シルバーが似合う肌の人は、ブルーベースの口紅

・ゴールドが似合う肌の人は、イエローベースの口紅

このどちらかが似合うかによって、選ぶ色合いも変わってきます。

ただし、確実な方法はやっぱり実際に試してみることです。
1番簡単で分かりやすい方法は、コーラルピンクとローズピンクの2本を塗り比べると分かりやすいと言われています。

派手な印象にならず、肌色が明るく見える方が似合う口紅です。
もしそれが、コーラルピンクならばイエローベースローズピンクならばブルーベースが似合う色となります。

スポンサーリンク

明るさ・濃さを選ぶ

口紅の色
出典:mery.jp

明るさ・濃さは、普段着ている洋服の明るさを参考に選んでみましょう。
普段から明るい洋服が多い人は明るめ・薄い色暗いお洋服が多い人は暗め・濃い色が比較的似合いやすいです。

ただし、30代以上の人は、極端に明るかったり濃い色を選ぶより、少し明るめ・少し濃いめの色を選んだ方が、色が綺麗に見えますよ。

スポンサーリンク

口紅は質感×色で決まる

自分に似合う口紅を選ぶのはちょっと大変ですが、質感と色をが分かれば自然と似合う色も見つかるはず♪

似合う口紅をつければ、美肌に見え、ナチュラルなのにキレイな印象に仕上がります。
もちろん、見た目の年齢も若々しく見えるので、色々と試しながら自分に合う質感と色を見つけましょう。

スポンサーリンク

口紅の塗り方

塗り方
出典:http://howcollect.jp/article/3876

自分に似合う色を見つけたら、今度は正しい方法で口紅を塗りましょう。
口紅のつけ方には、以下の方法があります。

・口紅を指先にとって指で塗る

・直接スティック状の口紅を唇にあてて塗る

・リップペンシルで輪かくを描いてから、中をべに筆で塗る

ここでは基本的な口紅の塗り方をご紹介します。

リップライナー

リップライナー
出典:mery.jp

リップライナーを使うと、より口紅が塗りやすくなります。
リップライナーは、ペンシルタイプのものが主流で、唇を囲むようにしてラインを引いていきます。

ラインを唇の輪郭に合わせて引く事により、より唇が強調されるのでボリュームがあってセクシーな唇にすることができます。
また、リップを塗る際の失敗も少なくなります。

リップスティック

リップスティック
出典:mery.jp

1.口紅を、1~1.5ミリくらい出しましょう

2.口を横に広げるように少し開けます。口紅のカット面をうまく利用して、口角から唇の山に向かって、すべらせるようにつけましょう。

3.もう片方も口角から、同じようにつけます。

4.下唇も同じように、口角から唇の中央に向かってつけましょう。

5.最後に、上下の唇を合わせて口紅をなじませます。

リップグロス

仕上げにリップグロスを塗ると、よりツヤ感も出て可愛い印象の唇になります。

ただ、リップグロスは塗りすぎるとベタベタしてしまいせっかく塗ったリップも落ちてしまうので、塗る量には気をつけましょう。

リップグロスは唇全体には塗りません。
リップブラシを使って下唇の中心だけに少し塗ることがポイントなんです。そうすると上品で立体的な唇に仕上がります。

スポンサーリンク

口紅が歯につきやすい人は

せっかく口紅がキレイに塗れたとしても、歯に口紅がついていたら台無しです。歯に口紅がついてしまい、嫌な思いをした人も多いはず。

歯に口紅がつきやすい人は、**塗るときに唇の奥まで塗らないように気をつけましょう。
**唇を閉じたときに目で見える範囲だけを塗る事により、防ぐことが出来ます。
また、口を閉じて口紅を塗るのも良いでしょう。

それでも口紅が歯についてしまうという人は、口紅を塗った後口に人差し指を指の付け根あたりまで差し込み、唇をすぼめて、スポッと指を引き抜いてみて下さい。

この方法で、唇の内側についた口紅を取り除くことができ、歯にも口紅がつかなくなります。

スポンサーリンク

口紅を塗る時の注意点

口紅を塗る時の注意点
出典:mery.jp

その他にも口紅を塗る際に注意したい点がいくつかあります。

・つけすぎた場合、ティッシュペーパーで唇を軽くおさえてから余分な口紅をとります。

・はじめは、肌なじみのよい淡い色からつけましょう。万が一、はみだしても、比較的目立たないので直しやすいです。

・唇が荒れる人は、トリートメント効果の高い口紅を選んだり、口紅の前にリップクリームをつけるようにしましょう。そうすることで、唇の荒れを防ぐことができます。

・化粧直しのときは、ティッシュペーパーで軽くおさえてから、つけ直すとよいでしょう。

このような少しの工夫がぷるんとした愛されリップをつくるポイントですよ♪

口紅で印象を変えよう

印象
出典:http://www.hebeichshxs.com

口紅ひとつで、顔の印象は大きく変わります。自分にあった口紅を選んでつければ、美肌に見え気分も明るくなりますよね♪

口紅選びや塗り方で悩んでいた人は、めげずに自分に合う色を探しましょう。
きっと、また違った世界の自分に出会えるはずですよ☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする