馬油のスキンケア力がすごい!スキンケア方法と効果をご紹介♡

日本では、古くから火傷や肌荒れ、あかぎれ、ひびわれ、切り傷、痔などの民間療法薬として使われてきました。その名の通り、馬のたてがみや脂肪からつくられる油です。
万能とまで言われることの多い馬油の、スキンケア方法とその効果をご紹介します。

スポンサーリンク

魔法のオイル『馬油』がすごい!

馬油スキンケア効果
freebies-db.com

日本では、古くから火傷や肌荒れ、あかぎれ、ひびわれ、切り傷、痔などの民間療法薬として使われてきました。その名の通り、馬のたてがみや脂肪からつくられる油です。
万能とまで言われることの多い馬油の、スキンケア方法とその効果をご紹介します。

馬油とは、一体どんなもの?

馬油は、人間の皮脂に最も近い成分の自然な油脂といわれています。そのため、馬油は人の肌との相性が非常に良く、肌の深部まで浸透して足りない脂質を補います。結果、肌を健やかに保つという、嬉しい効果が期待できるのです。
馬油スキンケア
gathery.recruit-lifestyle.co.jp/

肌に塗るとすぐにサラサラになるほどの強い浸透力が馬油の大きな特徴です。馬油が浸透して、細胞の間に皮脂が満たされ潤った状態になります。

馬油の効能、その①殺菌抗酸化作用

馬油は、その強力な浸透力によって肌に塗ると素早く拡がります。そして、表面に油膜を張って外部と遮断するのです。同時に、肌の下部へ浸透することで内部の空気を追い出します。こうなると、その辺りにいる細菌などは生きていくことができませんし、新たに皮膚へ入り込むことができません!つまり、酸化を防ぐ作用が生まれるのです。

殺菌・抗酸化作用によって得られる効果は、火傷、切り傷などの皮膚炎症の化膿を防ぎ、傷痕を残さずに治癒へとむかわせるということです。

馬油万能薬
www.men-joy.jp

馬油の効能、その②血行促進作用

血の通っている皮下組織まで浸透し、栄養分として馬油は吸収されるという効能が確認されています。
「えっ!そんな深くまで浸透しても大丈夫なの?」と、心配の声が聞こえてきそうですが、微量であることと、浸透吸収される馬油の刺激で血流が良くなることがわかっています。

害を起こす心配がない、と言えるのは、馬油は人間の脂肪成分と大変よく似ているため、人の体に親和して、血行促進の効能のみが発生するのです。

血行促進の効能から得られる効果は、肩こり、神経痛、傷の炎症回復、しわ・シミ、肌荒れ、冷え性などがあげられます。

万能と言われる理由はココにあった!

馬油万能なわけ
www.golden-lift.com

馬油の大きな効能の二つ目にあげた、血行促進の効能は、人の自然治癒力そのものを促進していると言えると思います。
このことから、先人たちは馬油を万能薬として活用してきたのでしょう。

効果的なスキンケア方法

ずばり、

洗顔後には、まず馬油!

これです。
馬油の浸透力は、これまでの通りです。この浸透力を信じて、化粧水よりも前に馬油を使ってみましょう。

馬油の浸透力
http://www.yakushido.com/

のびが良いので、少量(米粒ぐらい)から使ってみることがポイントです。
季節や肌の乾燥具合によって、量を調節しましょう。
つけすぎると、テカテカしてベタベタ感が長引きます。薄くのばすように塗るのがコツです。

まとめ
www.noiqreview.com

特に乾燥肌の方にとっては、「救世主」と名高い評判を得ている馬油。スキンケアだけでなく、様々な活用法があるので、常備しておくと便利かもしれませんね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする