話題の美容素材!プラセンタの美容効果とその種類について

「プラセンタ」一度は耳にしたことがある美容成分ですよね。でも、このプラセンタにどのような効果があって何からできているのかご存知でしょうか?今回はそんなプラセンタの美容効果についてご紹介します!

スポンサーリンク

話題のプラセンタの気になる美容効果って?

facialesteriko.com
http://facialesteriko.com

「プラセンタ」一度は耳にしたことがある美容成分ですよね。
でも、このプラセンタにどのような効果があって何からできているのかご存知でしょうか?

名前は聞いたことがあるけれど、なかなかその本当の効果が知られていないプラセンタ。
今回はそんなプラセンタの美容効果についてご紹介します!

スポンサーリンク

そもそもプラセンタってなに?

プラセンタ
http://d.hatena.ne.jp/biteki-item+placenta-extract/

プラセンタ(placenta)とは、英語で「胎盤」を意味します。
プラセンタは古来からも医療・美容に効果をうたわれ珍重されてきたもので、胎児と母親をつなぐ胎盤から抽出され、アミノ酸やミネラルなどが豊富に含まれています。

人由来の胎盤は感染症の問題などから、一般的な化粧品には使用されず、馬や豚、または植物のプラセンタが多く利用されています。

また、プラセンタの中でも「SPFプラセンタ」やウマプラセンタは安心度が高いとされているため、もし心配な方はこちらから試してみると良いでしょう。

なかでも「SPFプラセンタ」は安心度が高いと言われています。これは、日本SPF豚協会が認定する特別な管理体制の農場で育てられた「特定の病原体や寄生虫を持たないクリーンなPSF豚」の胎盤を使ったものを指します。

一方のウマは、ブタよりも体温が高いため寄生虫などの心配が少ないと言われています。特に最近注目を集めているサラブレッドのプラセンタは、徹底した管理下で育てられ、血統もしっかりしている馬から抽出したもののため、安全性が高いと言われています。

出典:http://www.skincare-univ.com/article/004127/

スポンサーリンク

気になるプラセンタの美容効果とは?

skincare-univ.com
http://skincare-univ.com

アミノ酸による保湿効果

プラセンタにはアミノ酸が豊富に含まれています。
表皮の角質細胞の中にある天然保湿成分のNMFはお肌の潤いを保つ大切な要素で、このNMFの主成分はアミノ酸なのです。

そのため、NMFの生成を促せば、保湿力も高まるため、肌の潤いや小じわにも効果的です。

成長因子による細胞の活性化

プラセンタには上皮細胞増殖因子であるEGFなどの成長因子が含まれています。

美容液が表皮の基底層まで浸透できれば、成長因子によって表皮細胞の分裂を促進させ、お肌の新陳代謝を早めて若々しい肌を蘇らせることができるのです。

美白効果

プラセンタが新陳代謝を高めることで、メラニン色素を表皮に押し上げてシミ・くすみの改善を促すと考えられています。
つまり美白効果があるのです!

また、紫外線により皮膚が炎症を起こして日焼けしても、抗炎症作用のあるプラセンタの効果が発揮され、日焼け後の色素沈着も防いでくれるといわれています。

アンチエイジング効果

老化因子の一つ「活性酸素」は健康な皮膚細胞をも酸化させお肌の老化を早めてしまうといわれています。
プラセンタに含まれるビタミンC・E、ミネラル、活性ペプチドには「抗酸化作用」があり、活性酸素の過剰発生を抑制することで病気の進行の防止も期待できます。

またプラセンタには抗疲労に即効性がありキズの回復も早め、細胞が活性化することで真皮組織の機能が高まり、肌に張りとつやを与えます。
皮膚細胞の酸化=サビが解消され、お肌の若返りをはかることができるのです!

ほかにも、抗炎症作用や免疫力をアップさせる作用も期待でき、肌荒れやニキビ、アトピー性皮膚炎などの肌トラブルが改善することもあります。

スポンサーリンク

プラセンタの種類

プラセンタと一言に言っても、いくつかの種類が存在します。
ここでは、そんなプラセンタの種類をご紹介します♪

動物性プラセンタ

動物性プラセンタ
http://www.skincare-univ.com

動物性プラセンタには『成長因子』という成分が入っており、お肌の細胞を再生させる効果があります。
化粧品のプラセンタの殆どが動物性プラセンタです。

特に豚プラセンタの商品が圧倒的に多く存在します。

植物性プラセンタ

prtimes.jp
http://prtimes.jp

プラセンタとは胎盤のことだとご紹介しましたが、植物には胎盤がないため、同じ機能をもつ胎座から抽出したエキスをプラセンタとよびます。

植物性プラセンタには、動物性プラセンタに入っている成長因子ははいっていません。
しかしコラーゲンやヒアルロン酸などの成分が多く含まれていることから、主に化粧品で使われています。

プラセンタ配合の化粧品をみて、馬由来・豚由来等の表記がされていなければ、植物性プラセンタを使っていると考えられます。

海洋性プラセンタ

m-miya.net
http://m-miya.net

洋性プラセンタは別名マリンプラセンタとかフィッシュプラセンタとも呼ばれます。
魚類には胎盤がないので鮭の卵巣が原料になっています。

こちらも成長因子は入っていませんがコラーゲンやヒアルロン酸などの美容成分が含まれています。

また、動物性プラセンタにはないエラスチンという美容成分が豊富に含まれていることから最近注目を集めています。

スポンサーリンク

プラセンタ化粧水の使い方

ci-labo.jp
http://ci-labo.jp

プラセンタが配合された「プラセンタ化粧水」には1本で沢山の効果が期待できると言われています。
そんなプラセンタ化粧水の使い方は、他の化粧水と同様に気軽に使っていただくだけで問題ありません。

基本中の基本ですが、実際は多すぎず少なすぎず、化粧品に表記されている適量を守ることが化粧品の効果を十分に引き出すことができるでしょう。

また、プラセンタ化粧水は、部分的ではなく顔全体に塗ることで、シミの予防やターンオーバーを整え、お肌の若返りが期待できます。

手のひらで抑えるように顔全体にやさしくなじませ、その後、目周りや口元、フェイスラインに馴染ませて仕上げます。
手に残った美容液は首やデコルテなどにも塗りましょう。

その後、プラセンタ化粧水をつけたら、蒸発させないようにクリームや乳液などでフタをします。
潤いを感じても、最後にきちんと油分で潤いを閉じ込めることが重要です。

スポンサーリンク

まとめ

多くの美容効果が期待できるプラセンタ
プラセンタはしっかりとした臨床結果に基づいた効能があり、美容業界、健康食品業界からも非常に注目されています。

正しい使い方をして効果を十分に引き出せば美白・若返り効果が期待できます。

化粧水は毎日使うもの。
毎日のプラセンタスキンケアで美肌貯金をはじめましょう!

数年後の自分が感謝してくれますよ♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする