美肌への近道♪化粧水を使った正しい化粧水スキンケア方法!

スキンケアで、洗顔後一番最初につけるものといえば基本的には化粧水ですよね。女性は普段から何気なく、しかし必ず使っているであろうこの化粧水。正しく化粧水を使用して、美しい肌を手に入れましょう。

スポンサーリンク

保湿の要、化粧水を正しく使おう

化粧水
出典:http://bihada-mania.jp/blog/6275#i-5

スキンケアで、洗顔後一番最初につける化粧水。
女性は普段から何気なく、しかし必ず使っているであろうこの化粧水。
正しい使い方があるってご存知ですか?

スキンケアの役目はなんといっても保湿。
そしてこの保湿がしっかりと行われるか否かは、化粧水の使い方にかかっていると言っても過言ではありません。
正しく化粧水を使用して、美しい肌を手に入れましょう。

スポンサーリンク

化粧水の使い方

化粧水はどのように使うとより効果的なのか。
この章では肌の状態や化粧水の種類による使用方法を詳しく解説します。

化粧水は洗顔後すぐにつけよう

洗顔後の肌には、一刻も早く化粧水をつけることをお勧めします。
これは、肌が乾燥しやすい状態にあるため。
逆にいえば、洗顔後の肌は角質層が柔らかくなっており、水分を含みやすい状態にあるということ。
化粧水はケチることなく、適量を2,3回に分けて使うとよく浸透し、保湿効果を得られやすくなります。

手を使うかコットンを使うか

化粧水は、手でつける場合、コットンでつける場合それぞれに利点があります。

テ
出典:http://www.ci-labo.jp/pores-care/42/

1回あたりの適量を手のひら全体に広げ、掌で顔全体を包むようにまんべんなく肌になじませます。
化粧水が肌になじむのを感じたら、もう1度適量を手にとり、今度は目元や小鼻周りなど細かい部分を重点的になじませる。
掌で顔に触れ、肌が吸いつく感触を得られれば完了。
手で化粧水をつけると肌への刺激が少ないので、炎症のあるニキビがあったり敏感肌の人にお勧めです。
ただし、化粧水が手にも浸透してしまうので、惜しみなく使える化粧水で試すとよいでしょう。

コットン
出典:http://www.menard.co.jp/beauty/bihada/lesson/facial.html

コットンが裏側まで十分塗れるくらいの量をとり、顔の内側から外側に向かって優しくなでるようにつける。
収れん化粧水の場合は優しくパッティングをし、そのまま首まで化粧水をつけます。

足りなければ同じコットンに化粧水をつけ足して同じ手順を繰り返します。
こちらも最後は掌で顔に触れ、化粧水が浸透していることを確かめましょう。

化粧水が収れん化粧水の場合はコットンを使ったほうがよいでしょう。
どちらの場合も注意したいのが、パッティングをしすぎないこと。
叩き込むよりも、優しく肌に押し込むほうが化粧水の成分を肌の奥まで届けることができます。
また、丁寧に時間をかけて行うとより一層効果的です。

スポンサーリンク

まとめ

さまざま
出典:http://mery.jp/40977

美容液や乳液にこだわっている方は多いと思います。
しかし、一度化粧水に立ち返ってみてはいかがでしょうか。
正しく化粧水をつけることで十分に保湿ができ、さらにその次の美容液や乳液の効果UPも期待できます。

化粧水は高級なもの、安価なものどちらでも構いません。
自分が惜しみなく使えるものを選びましょう。
そしてより丁寧なスキンケアを心がけることで、見違えるほどの美肌が手に入るのです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする