美しいボディラインはくびれから!1日5分のエクササイズでくびれ美人

油断をすると気づけば帯のように肉がついているウエスト。女性のボディラインはここにくびれがあるかどうかで美しさが違ってきます。
正しいエクササイズと生活習慣の改善で、くびれ美人をめざしましょう。

スポンサーリンク

くびれ美人を目指しましょ♪

油断をすると気づけば帯のように肉がついているウエスト。
女性のボディラインはここにくびれがあるかどうかで美しさが違ってきます。
多少ぽっちゃりしていてもウエストが引き締まっていればメリハリのある体つきに見え、女性らしさが強調できるのです。

ただし腹筋をしてもくびれはできません。
間違ったエクササイズを続けていても理想のウエストは手に入らないのです。
そしてくびれができない原因を見つけ出さないことには、数々の努力が無駄になってしまいます。

正しいエクササイズと生活習慣の改善で、くびれ美人をめざしましょう。

くびれができない原因に心当たりありませんか?

くびれ

女性の体のトラブルを招く大きな要因は「冷え」です。
女性の体は冷えから身を守ろうとし、お腹周りに脂肪がつきやすくなります。
また骨盤のゆがみやリンパのつまり、便秘、基礎代謝の低下、姿勢の悪さなどもウエストにくびれができない原因として考えられます。

冷えから体を守るには、温めるのが一番!
冷たい飲み物ではなくなるべく温かい飲み物を飲むようにし、シャワーだけではなくしっかりお風呂につかるようにしましょう。

きれいなボディラインを手に入れるためには、生活習慣を見直し、悪いところがあれば改善することで、くびれ美人への道が近付きます。

自宅で簡単にできるツイスト系エクササイズ 

ダイエットといえばすぐに腹筋をしてしまいがちですが、くびれを作るために腹筋運動は意味がありません。
腹筋はおへそより上の筋肉を鍛えるものなので、くびれづくりにはあまり意味がないのです。

くびれを作るための正しいエクササイズはわき腹を締める運動を行うこと。
お腹の前ではなく、横を鍛えることでくびれを作る効果をもたらしてくれます。

くびれエクササイズ
http://allabout.co.jp/gm/gc/7812/2/
1.手にストレッチボールなどを持ち、体育座りをして背筋を伸ばします。
2.ボールを胸の高さまで持ち上げ、息をゆっくりと吐きながら状態を左にひねります。

くびれエクササイズ
http://allabout.co.jp/gm/gc/7812/2/
3.息を吐きながらさらに体をひねり、ボールを後ろにつきます。このとき足は浮かないようにしましょう。

くびれエクササイズ
http://allabout.co.jp/gm/gc/7812/2/
4.同じように右側も行います。
5.左右交互に10~15回行います。

一日1セット、5分間行うだけでわき腹への効果を感じることができますよ。

スポンサーリンク

まとめ

わき腹を引き締めることがきれいなウエストラインを作ることにつながります。
それにはウエストをひねるという動きが重要なのです。
これからは間違ったエクササイズをせずに、正しいやり方でキレイへの近道をしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする