知っておけば得をする!ワセリン活用術と正しい使い方♪

昔からあるワセリンですが、最近その美容効果や活用術が注目を集めています。
そこで今回はワセリンの正しい使い方と、ワセリンを用いた活用術をご紹介します♪

スポンサーリンク

ワセリンって?

ワセリン
出典:mery.jp

ワセリンとは、石油から抽出した炭化水素類の混合物を脱色して精製したもののことを言います。

ほとんどは、パラフィン(イソパラフィン)と脂環式炭化水素(シクロパラフィン、ナフテン)という含んでおり、ワセリンというと、一般的には白色ワセリンを指す事が多いです。

もちろん、市販されているものと、皮膚科などで処方されるのも、この白色ワセリンがほとんどです。

昔からあるワセリンですが、最近その美容効果や活用術が注目を集めています。
そこで今回はワセリンの正しい使い方と、ワセリンを用いた活用術をご紹介します♪

スポンサーリンク

ワセリンの正しい使い方

使い方
出典:http://divertire.net/?pid=52148830

ワセリンには、様々な使い方があるのですが、つけすぎるとベタベタしてしまうのが悩みどころ。つい、使用を躊躇ってしまうしまう人も多いのではないでしょうか?

ワセリンには、正しい塗り方があります。

1.指先で少量すくったワセリンを手の平にとり、両手をこすり合わせて温めましょう。

2.その手でカサカサした部分をなでて、皮膚になじませましょう。

3.少し時間が経ち、皮膚のシワになじむとしっとり感が増します。なので、ちょっと足りない位でストップしましょう。

4.もし、粉吹きが収まらないようならまた少しずつ付け足しましょう。

スポンサーリンク

ワセリン活用術! 

ワセリン活用術
出典:mery.jp

ワセリンには肌のケアだけでなく、体の様々症状に使用出来ます。

ハンドクリーム

皮膚科でも処方されるワセリン。あかぎれ・ささくれなどに塗ると『撥水効果』もあるため、水に濡れても沁みないんです。

リップケア

ワセリンは、グロスや口紅の原料にも含まれています。少量を指先にとり、薄く伸ばすだけで乾燥を防いでくれます。

虫さされ

虫に刺された幹部にワセリンを塗り、上からばんそうこうを貼ると、肌が荒れる事もなく、かゆみもほとんど感じないそうです。

怪我

撥水効果があるワセリンは、消毒後の傷口にたっぷり塗ることにより、バイ菌が入ってくるのを防いでくれます。

スポンサーリンク

ワセリンの効果と効能

効果と効能

出典:http://www.pakutaso.com/20141241352post-4961.html

バリア機能の回復を助ける

ワセリンの良いところは、角質層へほとんど浸透しないことです。
クリームや乳液のように肌の深くへ染み込まず、表面に留まります。

この性質が、皮膚のバリア機能を回復させるには最も優れていると言われています。
バリア機能とは、外気に漂うゴミやほこり、化学物質が体内に侵入するのを防ぐ役割のことです。

バリア機能は、環境の変化によって変わります。
気温が高い春から夏は、新陳代謝がスムーズに行われるので、皮膚の細胞が正しいリズムで入れ替わります。
それと同時に、バリア機能も安定するので、かゆみやカサカサが現れにくいのです。

一方、秋から冬は気温が低くなるため、一般的に新陳代謝が鈍くなる時期です。
代謝が鈍くなる事により、細胞の入れ替わる周期が乱れるので、角質細胞にも影響が出ます。
その結果、外部の刺激を受けやすくなり、かゆみなどの症状が出やすくなります。

ワセリンでつくる油性の保護膜は、水や化学物質の刺激を小さくする効果を発揮します。
そして乾燥肌をしっとりさせて、かゆみを和らげてくれるのです。

自然治癒力の効果を高め回復をサポート

油の保護膜を作るなら、ワセリンでなくハンドクリームでもいいのでは?と思う人も多いかと思います。
ワセリンは、少しべたつきがありますが、ハンドクリームはつけ心地もさらっとしていて使いやすいのが特徴です。

しかし、ハンドクリームに配合された界面活性剤は、角質層を壊してしまうことを知っていましたか?
有効成分を肌の奥深くへ運ぶための手段であっても、皮膚のバリア機能を弱める原因にもなってしまうのです。

ワセリンは、角質層を破壊せず自然治癒力の効果を高めるので、回復するのをサポートしてくれます。
重症のやけど治療ではワセリンが副作用のない治療薬として活躍しているそうです。

スポンサーリンク

ワセリンのアレンジ方法

ワセリンのアレンジ方法
出典:mery.jp

ワセリンには、アレンジ方法も豊富にあります。
たまには変化をつけたい時や、より効果を高めたい時など、ちょっとしたアレンジを行うことでワセリンは更に力を発揮してくれます。

ワセリンとココナッツオイルで手作りリップ

ワセリンをそのままリップクリームとして使用するのも良いですが、ちょっとだけオイルをプラスすることでより効果が高まります。

ココナッツオイル
出典:mery.jp

ココナッツオイルのを一緒に入れることで、ココナッツオイルの高い保湿効果で潤いがさらにアップしますよ。

ワセリンと蜂蜜でリップパック

蜂蜜には、美容効果・保湿効果が抜群です。ワセリンの保湿効果も合わせれば、よりその効果は高まります。

はちみつ
出典:mery.jp

ワセリンと蜂蜜を同量混ぜ、唇にパックする事により、ふっくらした唇になりますよ。

ワセリンとエッセンシャルオイルで作るハンドクリーム

無香料のワセリンに、エッセンシャルオイルをプラスすれば、ちょっぴり贅沢なハンドクリームに仕上がります。

ハンドクリーム
出典:mery.jp

ワセリンにお気に入りのエッセンシャルオイルを加えるだけで完成です。
もしくは、ホホバオイルやオリーブオイルをプラスしても大丈夫です。

湯煎にかけると、ワセリンは溶けるので、一緒に混ぜてあげましょう。
時間が経つとすぐにまた固まりますよ。

スポンサーリンク

ワセリンで美肌作りをしよう♪

美肌
出典:http://gathery.recruit-lifestyle.co.jp/article/1141154430283945701

ワセリンには、ハンドクリーム以外の使い方もたくさんあります。
しかも、比較的リーズナブルな価格で購入出来るので、美肌作りはもってこいです。

ちょっとアレンジすることにより、用途の幅は大きく広がるので、ひとつのワセリンでたくさん楽しむ事が出来ます。

まだまだ乾燥が気になる季節、ワセリンを使って乾燥してしまった肌を、美肌に導いてあげましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする