眠るだけで美肌になる?成長ホルモンで美肌をめざそう!

睡眠不足だと、クマができたり疲れやすくなって血行が悪くなったりしてしまいます。食べるものでも美肌は作られますが、美肌は睡眠にも大いに関係してきます。今回は睡眠を改善して美肌になる方法をご紹介します!

スポンサーリンク

成長ホルモンが美肌の秘密!

睡眠不足
pazzazztrivia.com

睡眠不足だと、クマができたり疲れやすくなって血行が悪くなったりしてしまいます。
食べるものでも美肌は作られますが、美肌は睡眠にも大いに関係してきます。

この「睡眠に美肌が関係していること」を医学的に見てみると、「成長ホルモン」が関係していることがわかります。
美肌になるためにはこの成長ホルモンが不可欠!

ですが、どうすれば成長ホルモンは増える?
そして、いったいどういった方法で成長ホルモンを出せばいいのでしょうか。

スポンサーリンク

成長ホルモンが重要な理由

眠ることで出る成長ホルモン
http://iemo.jp/18041

まず、成長ホルモンについて勉強しましょう。

成長ホルモンが少なくなると、代謝が悪くなったり病気になりやすくなります。

美肌だけでなく健康維持にも必要なのが成長ホルモンです。
成長ホルモンと聞くと、子供が身長を伸ばすために必要な要素と考えてしまいがちですが、すべての健康や不調にかかわってくるのが成長ホルモン。
もし足らないと、くすみ、シワ、シミ、吹き出物や乾燥にいたるまで関係してくるとか。
まさに、健康と美容に万能なのが健康ホルモンです。

成長ホルモンは、眠ってからすぐから3時間後までに分泌されます。
そのため、寝てから3時間の間はぐっすりと眠って、途中で起きないのが大切。
理想は、寝てから途中でトイレなどに起きたりせず朝までぐっすり、寝起きもいい状態が一番です。

スポンサーリンク

夜の0時からはシンデレラタイム

シンデレラタイム
http://www.astroarts.co.jp/news/2005/09/21full_moon/index-j.shtml

眠る前の準備をしっかりして最初の3時間の睡眠の質を良くすることで、睡眠時間を上手に活用することが重要になります。
成長ホルモンを分泌させるためには、睡眠前にぬるいお湯につかったり、寝る前にストレッチをしたりして「寝る準備OK」の状態にしておくことが重要です。

具体的におすすめの睡眠時間は、夜の0時から朝の6時〜7時。
その理由は、眠りについてから3時間は成長ホルモンが、夜中の3時からはコルチゾールが分泌されるから。
コルチゾールはダイエットホルモンとも呼ばれ、体脂肪を分解してくれると言われています。

このコルチゾール、痩せる体質をつくるホルモンとも言われています。
このコルチゾールは何時に寝たとしても夜中の3時から6時までに分泌されます。
夜中の2時ごろに寝ると1時間後に成長ホルモンとコルチゾールの分泌が重なってしまい、うまく分泌されなくなってくるので夜の0時までには眠るのがカギ。
こうすることで、夜の0時からは成長ホルモンが、夜中の3時からはコルチゾールがそれぞれ分泌されます。

夜0時からをシンデレラタイムと言うのには、理由があったんですね。

スポンサーリンク

眠りを深くするためにできること

睡眠 赤ちゃん
locari.jp

食事は眠る3時間前までに取ることはもちろんですが、寝つきをよくするためにお風呂のお湯はぬるめにします。
お風呂の直後よりも1時間後に眠りにつきやすくなるので、お風呂に入って1時間後に眠れるようにしましょう。

寝る直前はスマホ、パソコンなどのブルーライトの光を避けてゆったり過ごします。
寝る1時間前から照明を間接照明にしておくと、身体が眠る体勢になります。

眠っている間に使う寝具を揃えるのも大切です。

最近では、「自分まくら」と呼ばれる頭の形に合わせたまくらを売っていたりします。
仰向け、横向け、うつ伏せで、自分に合う枕が違ってきます。

また、低反発、そばがらなど枕の種類も選べます。
人生の1/3の時間となる睡眠時間、寝具をいいものにして快適な時間を過ごしてみるのもおすすめです。

スポンサーリンク

飲み物にもこだわろう!

カフェインはN.G.
http://01.shittoku-navi.jp/?p=1236

カフェインの入ったコーヒーや紅茶を飲むと、熟睡できなくて眠りが浅いこともあります。
夜に交感神経を刺激する飲み物は避けておきます。

また、よくお酒を飲むことで寝つきがよくなると言われていますが、習慣化してしまうとアルコール依存症になってしまうことも。
寝酒は毎日飲んでいる人は、お酒の力に頼らなくても眠ることができるようにしましょう。
習慣をやめてみることも大切です。

寝酒としてアルコールは避けた方がいいと話しましたが、寝る前にリラックスするために飲み物を飲むことはいいことです。
その時は、カフェインの入っていないものを飲むのがいいでしょう。
例えば、牛乳や豆乳。特に、牛乳は睡眠ホルモン、メラトニンをたくさん含んでいるナイトミルクと呼ばれる夜に搾った牛乳は寝つきがよくなると言われています。

また、カフェインレスのハーブティーもおすすめで、ラベンダーやカモミール、ハイビスカスやローズヒップなどの種類があります。
最初はクセもあるものの、クセになるとほっとできてリラックス効果も高いので、試しにはじめてみるのもいいかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

美肌を作る睡眠には、

・身体の健康をつくる成長ホルモンを分泌させるために、眠りにつきやすいようにすること
・痩せ体質のもと、コルチゾール分泌も考えて、夜の0時には眠りにつくこと
・アルコールはご法度。カフェインの多いコーヒーや紅茶も避け、眠る前にはメラトニンを多く含む牛乳や豆乳、ハーブティーを飲むこと

これらのポイントが重要になってきます。

厳格に守る必要はありませんが、うまくマイルールを取り入れて美肌を作ってみてはいかがですか♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする