本当にお肌にいいの?お肌が生まれかわる正しいスクラブ洗顔方法♡

スクラブ洗顔って本当にお肌にいいの?という疑問を抱いている方のために、正しいスクラブ洗顔方法をご紹介します!正しい知識で理解を深め、美肌作りに役立てましょう♪

スポンサーリンク

スクラブ洗顔って本当に大丈夫?

スクラブ洗顔
出典:mery.jp/

そもそもスクラブ(sclub)とはこすって磨くという意味です。
スクラブ洗顔料には細かい粒子が入っていて、その粒子で肌を研磨し古い角質や汚れを除去します。

肌を研磨する、などと聞くといかにもお肌に悪そうなイメージがありますよね。

実際、スクラブ洗顔料は強い洗浄力があり、粒子で肌を摩擦することにより余分な刺激を肌に与えてしまうことがあるため、使用法には十分な注意が必要な洗顔方法といえるでしょう。

正しい知識で理解を深め、美肌作りに役立てましょう。

スポンサーリンク

スクラブ洗顔とは?

スクラブ洗顔2
出典:http://www.skincare-univ.com/

スクラブ洗顔とはザラザラした細かい粒子が含まれた洗顔料で洗顔することです。
この細かい粒子の摩擦によって毛穴の汚れを落とすのですが、毎日スクラブ洗顔をすると肌を傷つけてしまうことがあるので、週に1回位が好ましいといわれています。

スポンサーリンク

スクラブ洗顔の効果とは?

毛穴の汚れをしっかり落とす

スクラブ洗顔の細かい粒子が普段の洗顔ではとれない毛穴の奥の汚れを落とします。

顔色がよくなりもちもち肌になる

スクラブ洗顔によって肌表面の古い角質や汚れ、皮脂を落とすことで柔らかい肌触りになります。

また、肌のターンオーバーが正常になり、肌の透明感が上がります。
これにより、スキンケア用品の浸透がよくなり、化粧のりもグンとよくなります。

肌の老化、にきびを防ぐ

ターンオーバーが盛んになることで、肌の老化を防ぎます。
また、スクラブの粒子が毛穴の奥に入り込むことにより、過剰な油分を洗い流しにきびをできにくくします。

スポンサーリンク

スクラブ洗顔のポイント

肌の角質
出典:http://vaihtoehtouutiset.info/

「肌にやさしく」

肌を痛めないスクラブ洗顔料を使うことがポイントです。
スクラブ粒子がなるべく肌にやさしいものを選びましょう。

お肌にやさしいおすすめのスクラブはこちら!

こんにゃくスクラブ

こんにゃくでできたスクラブ剤ですので、粒子が柔らかく、肌との摩擦が少ないのが特徴です。ザラザラとした感触がなく、低刺激ですが、角質への吸着力が優れています。

低刺激な分、使用後にそれほど乾燥は気になりません。

米ぬかスクラブ

胚芽や種皮など、米ぬかを使用したスクラブです。
ビタミンB、ビタミンE、鉄分、アミノ酸など、美肌を作る成分が配合されているのが特徴です。しっとりとした洗いあがりになります。

「使用頻度を徹底」

スクラブ洗顔は日々のお手入れではなく、あくまでも週に一度のスペシャルケアと考えて下さい。

スクラブ洗顔は洗い上がりがつるっとしてとても気持ちがいいので、つい毎日のケアに取り入れたくなります。
しかし、頻繁にスクラブ洗顔をすることで必要な油分を落としてしまい、肌が痛む原因を作ってしまいかねません。

肌の角質層はとても薄く、ちょっとした刺激で傷つき、水分を失ってしまいます。
水分を失い、乾燥した肌は様々なトラブルを引き起こしてしまいます。

肌に刺激を与えやすいスクラブ洗顔は必ず使用頻度を守りましょう。

スポンサーリンク

正しいスクラブ洗顔の方法

お肌をいたわりながらスクラブ洗顔をすることで支持されている佐伯式スクラブ洗顔をご紹介します。

洗顔
出典:http://automoney.sakura.ne.jp/

1.顔を軽く洗った後、手に適量の洗顔料をのせます。

2.泡立てネットなどを使ってしっかり泡立てます。

3.洗顔料とほぼ同量のスクラブ剤を手に取り、泡立てた洗顔料に満遍なく混ぜ込みます。

洗顔
出典:http://automoney.sakura.ne.jp/

4.両頬、額、鼻、アゴに満遍なく泡立てたスクラブ剤をのせます。

5.両手のひらで直接肌をこすらないように泡を顔全体に広げます。ただし、目と口のまわりは避けます。

6.ざらつきが気になる部分はやさしくなでます。
最後にぬるま湯でやさしく洗い流します。泡立てた洗顔料を使う佐伯式スクラ>ブ洗顔でもお肌を強くこすると刺激が強いことがあります、あくまでやさしくなでるように。

正しい方法での洗顔はお肌にやさしいだけでなく、
スクラブ効果をより向上させてくれます。

ぜひ、こちらの洗顔方法を取り入れてみてくださいね♪

スポンサーリンク

まとめ

美肌
出典:http://googirl.jp/

ぷるぷるもちもち肌になるためには、肌表面の古い角質や汚れを落とすことは鉄則です。
普段の洗顔では落としきれない汚れを週に一度のスクラブ洗顔で一掃し、柔らかぷるもち肌を目指しましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする