正しく使えていますか?意外と知らない乳液の正しい使い方♡

毎日、乳液を使っているというあなた、「乳液」の正しい使い方を知っていますか?。ケアする順番は間違っていなくても、意外とちゃんとした使い方が知られていない「乳液」。正しい使い方を知ることで、肌への意識も変わってきます。そこで、今回は意外と知らない乳液の正しい使い方をご紹介します!

スポンサーリンク

乳液の正しい使い方を知っていますか?

乳液の使い方
出典:mery.jp

毎日、乳液を使っているというあなた、「乳液」の正しい使い方を知っていますか?。

ケアする順番は間違っていなくても、意外とちゃんとした使い方が知られていない「乳液」。
正しい使い方を知ることで、肌への意識も変わってきます。

そこで、今回は意外と知らていない乳液の正しい使い方をご紹介します!

乳液の正しい使い方で、潤いのあるしっとりとした美肌をめざしましょう!

スポンサーリンク

基本の順番は「化粧水・美容液・乳液」

乳液
出典:http://www.buyma.com/item/15870232/

乳液は「お肌のラップ」代わり

乳液の役割は、化粧水で補った水分を逃さないように、お肌にピッと「ラップ」をしてあげることです。
そのため、化粧水、美容液を肌に染み込ませてから、乳液でお肌に蓋をしてあげましょう。

そうすることで、化粧水の効果と美容成分の効果を、お肌の奥まで浸透しやすくさせる手助けをしてくれます。

効果的なつけ方は、化粧水や美容液を付けた後1~2分待つのがおススメです☆

乳液を最初につけてしまうと、その後につける化粧水や美容液は全く意味のない物になってしまうので、乳液は「一番最後」につけてあげるのがベストです☆

スポンサーリンク

乳液をたっぷりつけるのは「お休み前」

乳液たっぷり
出典:https://www.pakutaso.com/20150239036post-5146.html

朝の洗顔あとの乳液は、控えめにすることがおススメです。

多めにつけてしまうと、朝のお化粧がよれてしまうので、薄く伸ばすことでよれにくく潤いも保ちます。

乳液をたっぷりつけるのは「夜のお休み前」が最適!
しっかりと蓋をすることで、朝起きたらしっとりモチモチ肌に☆

手で付けるか、コットンを使用するかはお好みでokです。

乳液を伸ばした後は、顔全体を手のひらで押さえて浸透力を高めてください
乾燥しやすい口元や目元は、ちょっと多めに☆

スポンサーリンク

乳液の正しいつけ方

乳液の正しいつけ方
出典:esngent.be

パーツに合わせて乳液の量を変える

顔のパーツによって、乳液の量を使い分ける事で、乳液は効果を大いに発揮します。

おデコや小鼻の「Tゾーン」は、皮脂の多い部分は「少なめに。」
乾燥しがちで皮脂の少なめな、頬とアゴ周り、口元は「少し多め」につけてあげましょう。

乳液の適度な量は、「10円玉」サイズがちょうど良い量だと言われています。
リフトアップ効果を高めるために、「下から上」へと優しくマッサージしながら行うのがポイントです☆

テカリやすい小鼻は、お顔の一番最後に塗ることでテカリにくくなりますよ!

スポンサーリンク

乳液の保存方法

冬と夏は保管場所を変える

乳液は、開封した後、半年は持つと言われています。
保存方法は、冬は気温が低いので室温でも大丈夫ですが、夏場は気温が高めなので涼しい所での保管をおススメします。

スポンサーリンク

乳液の種類は「3種類」

乳液の正しい使い方
出典:yaplog.jp

乳液は「3種類」あるって知っていましたか?

みんな同じだと思っていた乳液に、実は「3種類」の乳液があるのです。
「ティント乳液」・「保湿乳液」・「UV乳液」とあり、用途によって使い分ける事で、効果的なスキンケアへと導いてくれます。

「ティント乳液」

乳液の保湿効果に、化粧下地としての役割もします。

「保湿乳液」

コチラは、良く使われている乳液です。

「UV乳液」

乳液の保湿効果に、美白効果の役割を加えた乳液です。

スポンサーリンク

朝と夜の乳液を使い分けるのもポイント☆

朝
出典:https://www.pakutaso.com/20140831230post-4465.html

朝用と夜用に使い分けてみては?

朝は軽めのテクスチャーで、メイクに響かないタイプがおすすめ☆
また、夜は保湿効果が高い乳液など、使い分ける事でより効果を高めて美肌へと近づけてくれます。

普段、いつも同じ乳液を使っているという方は、朝と夜を使い分けてあげるだけでも、より使い勝手が良くなりますよ♪

スポンサーリンク

まとめ

もちもち肌
出典:mery.jp

「乳液の正しい使い方」はいかがでしたか?

朝と夜に使い分ける、種類によって使い分けるなど、用途にあった使い方で乳液本来の効果を発揮してくれます。
もちろん、自分のお肌に合った乳液を選んであげることもとても重要です!

しっかりと潤いをパックして、しっとりモチモチのお肌を実感してください☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする