押切もえのアドバイス付き!男にモテる美しい歩き方♡

男にモテる理想的な歩き方を、押切もえさんから学びましょう!しかも美しい歩き方って、からだにもいいんです!

スポンサーリンク

モデルから学ぶ!美しい歩き方

ウォーキング

出典:http://www.madameriri.com

モデルさんが背筋を伸ばして堂々と歩く姿‥素敵ですよね。
美しく見えるだけではなく、歩き方が悪いと、足裏や膝の痛み、腰痛、股関節痛、外反母趾、など様々な痛みを伴ったり、足の衰えが早くなったりします。
また、O脚やX脚、内股・外股などの原因にもなります。

理想な脚

出典:http://www.mikaji.jp

正しい歩き方を学んで足・関節に優しく歩いてみませんか?

押切もえに学ぶキレイな歩き方

見ていてとても美しいウォーキングをするモデルさんたち。
ランウェイを歩く姿はかっこよくて美しいです。そんな お手本となるモデルさんの歩き方に注目してみましょう。

まずは大人気モデルの 押切もえさん。
スタイルが抜群で愛嬌のある笑顔が女性からも男性からも人気のトップモデルです。

押切もえ

*出典:http://www.apalog.com *

押切もえさんがアドバイスするキレイな歩き方とは、正しい姿勢で歩くこと‥正しい姿勢とはなんでしょうか。

普段の姿勢、猫背になっていませんか??

そのままの猫背の状態でこの先ずっと生活していくと、身体に歪みがでてしまったり腰を痛めたりと色々な病気を発生させてしまうかもしれません。

見た目も若々しさがなく、老けてみられてしまう‥なんてことも。そうならないためにまずは姿勢から正していきましょう。意識することは

・あごは軽く引く‥視線は約10~20cm先を真っ直ぐ見ましょう。下を向かないようにしましょう。

・胸を張る‥少し威張ったような感じで胸を張りましょう。

・背筋を伸ばす‥背筋を伸ばした状態の姿勢をキープしましょう。

・お腹をへこます‥腹筋に力を入れた状態をキープしましょう。

これらの点を意識して正しい姿勢を心がけましょう。

また、

** ・同じ歩幅で歩くこと**‥この時に、後ろ足をピンと伸ばすことを意識するといいそうです。

・ 基本はまっすぐ歩くことが大切‥直線上を歩くことによって足が長く細く見えて、腰のラインが出て女性らしさが出るようです。

これらの点を意識して歩くことを続けてみてはいかがでしょうか‥。憧れの押切もえさんに近づけるかもしれませんね。

自分の歩き方のクセ!?

自分が普段履いている靴の裏を見てみてください。
どこが擦り減っているかがわかるかと思います。
内側や外側、かかとやつまさきが他に比べて極端に減っている部分はありませんか?
もしもそういう部分があったら、それはアナタの歩き方のクセによるものです。
人によって内股気味だったり外股気味だったり‥といったクセがあります。
まずは自分の クセを知ってみることもいいでしょう。

靴擦り減り

出典:http://www.mywarisa.jp

case1:かかとの外側が少し減る‥これは理想的な歩き方をしている方の靴底です。

case2:内側が大きく減る‥重心が内側にかかっています。内股気味の方の靴底です。

case3:外側が大きく減る‥重心が外側にかかっています。外股気味の方の靴底です。

case4:指周辺が減る‥足先で蹴り出して歩いている方の靴底です。

当てはまるものはありましたか?
自分が歩いている姿はなかなか自分で見る機会はないので靴底を確かめてみてください。

モデルの人みたいにキレイに歩きたい

多くのモデルの方が参考にしている基本的なモデルウォーキングはこちら。

モデルウォーキングの基本は、視線の先を前方に定め、軽くアゴを引き背筋を伸ばして歩くことです。また、腕は自然に振れるように肩の力を抜いてください。ポイントは腰を支点とする重心(体重)を前へ前へ送りだすように上体を前に移動させることですが、一番大切なことは接地している(体重のかかっている)方の脚の膝をぜったい曲げないことです。

モデルウォーキングはこちら

間違った姿勢ではなく正しい姿勢を学び、ウォーキングの効果を高めたいですね。

まとめ

普段は無意識で歩いていることが多いと思いますが、少し意識を変えてみましょう。
初めから全てのポイントを意識するのではなく、一つずつ、できるものから意識していきましょう。
そうするといつの間にか美しい歩き方になっているかと思います。

水原希子

出典:http://www.officiallyjd.com

いつもの猫背気味の歩き方を、姿勢を正してシャキッと歩くだけで全身とても美しく見えてきます。
また、このように身体全体を意識することによって、身体の筋肉が均一に使われることも正しいウォーキングの魅力です。

まずは自分の歩く姿を鏡などでチェックしてみることから始めてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする