意外と知らない?バスソルトの正しい使い方とおすすめの商品♡

入浴剤としても人気のバスソルト。普通に入れて使っている人が多いですが、「正しい使い方」があることを知っていましたか?今回は正しい使い方を紹介しますので、しっかり学んで活用してみましょう!

スポンサーリンク

バスソルトの正しい使い方って?

バスソルト
出典:http://swanilda.jp/item/bodyface-other-001

入浴剤としても人気のバスソルト。
普通に入れて使っている人が多いですが、「正しい使い方」があることを知っていましたか?

正しい使い方で入浴すると、デトックス効果も上がりゆったりした気分で入ることができます。

入浴する時に入れる入浴剤で、岩塩のような形状に香りがついているものが多いです。
「汗を出す効果」、「肌を美しくする効果」、「身体を温める効果」、「代謝をアップする効果」があり、女性にとっては味方につけるべき存在です。

今回は正しい使い方を紹介しますので、しっかり学んで最大限、バスソルトの効果を発揮しましょう!

バスソルトを使った入浴法は

シャワー
出典:http://labaq.com/archives/51776138.html

まず、バスソルトを使った入浴時間ですが、浴槽には10分〜20分くらいじっくりつかるのがおすすめです。
普段はあまり湯船に入らない人も10分程度は入って、じっくり身体が温まるのを感じましょう。

10分は短いように感じますが、タイマーではかると案外と長いもの。
温度は低めで半身浴をしながら入ってみるのがいいかもしれません。

もちろん、バスソルトは決められた量をはかって入れること。
多すぎても少なすぎても効果が半減するので、説明に書かれている通りの分量を入れて入りましょう。

また、シャンプーやリンスをする時には湯船のお湯は使わないこと。
髪の毛に塩分がついてしまうと髪の毛が傷んでしまいます。

よく、海に行くと髪の毛が傷んでキシキシになってしまいますが、それと同じ。
バスソルトの塩の成分が髪の毛につくのはよくありません。
ついてしまったら、シャワーでよく洗い流します。

そして、同様ですが浴槽の水を目や口に入れないようにすることは守りましょう。
いつものクセで浴槽で顔を洗ってしまったら、シャワーでしっかり流します。

バスソルトをつかった後は、身体をシャワーで「洗い流して」から出る用にします。

また、製品によっては風呂釜を傷めてしまうこともあります。
ボトルに説明が書かれているので、「風呂釜を傷める可能性がある」と書かれている場合は「お湯を張ってから」バスソルトを入れること。
バスソルトを入れてからの追い炊きも風呂釜を傷めてしまう恐れがあるので避けましょう。

また、入浴後は2日目までそのままにはしておかずに、お風呂の浴槽をすぐに洗っておく必要があります。

スポンサーリンク

バスソルトを応用してみよう!

足のマッサージ
出典:http://www.naturaltime.jp/

バスソルトは入浴剤としてしか使えないと思っているかもしれません。

実は、バスソルトを使ってマッサージにも使うことができます。
スーパー銭湯には塩を使ったマッサージ料があるのを見かけた人もいるかもしれません。
それを自宅でも楽しんでみましょう。

手のひらにバスソルトを適量出し、水で練り状にします。
身体に塩をすり込むようにして、らせんを描くように優しく行ってみてください。

スクラブのようにして使えるので、代謝が落ちてしまっている時には バスソルトのマッサージは敏感肌の人にはあまりおすすめしません。

また、塩の粒も細かいものの方がより良いでしょう。
水を加えてみて練ることができる塩を使うのがおすすめです。

浴槽に入れないので、すぐに洗い流す必要はなく風呂釜を傷める心配がないのもバスソルトマッサージの利点です。

最後はシャワーなどでしっかりり洗い流してあげましょう。

スポンサーリンク

自宅で楽しむ足湯のすすめ

足湯を自宅で
出典:http://www.kaja.co.jp/

足裏マッサージ店やリフレサロンでは、足湯をしてからマッサージに入ります。
その時にラベンダーやユーカリなどのアロマオイルをプラスしてくれて、気持ちがいいと感じたことはないでしょうか。

実はそれ、バスソルトを使うことで自宅でも楽しむことができます。
アロマオイルでもいいですが、オイルだと少量で値段も高いですから、バスソルトのようにたくさん使える商品が助かります。

足湯に使う容器は発泡スチロールでも構いません。
バケツなど自宅にあるものを使って足湯をします。

自宅でテレビを見ながらくつろぐ時にも気持ちよく、ずっと入っていると足からぽかぽかと心地よくなります。

お湯だけでなくバスソルトも入れることでアロマ効果も得られて、疲れも癒されます。
冷え性の人は冷え改善もでき、テレビを見ながら、読書をしながら、の「ながら美容」をすることができますよ。

スポンサーリンク

おすすめのバスソルト!

では、どういったバスソルトを使うのがいいのでしょうか。評判のいいバスソルトを集めてみました。

MARKS&WEBのバスソルト

MARKS&WEB
出典:https://store.marksandweb.com/products/detail.php?product_id=84

パッケージもおしゃれで人気のブランドがMARKS&WEB(マークスアンドウェブ)。
駅ビルに入っていることも多く、プレゼントにも人気の商品です。

実は、女性だけでなく男性の愛用者も多いんだとか。

このMARKS&WEBからは何種類かのバスソルトが発売されています。

「ハーバルバスソルト」はゼラニウム、マンダリン、ローズマリー、ペパーミント、カモミール、ラベンダーと6種類。
天然精油を使っているので、香りが深く自然の香りがするのが人気の秘密です。

薬の瓶に入っているようなボトルは、好きな精油の香りを選んで並べて使ってもおしゃれです。
詰め替えもあり、リピーターの人にも嬉しいです。

1回分の量のサイズがあり、300円弱で買えるので、最初は1回分ずつ何種類かの気になる香りを購入して、色々なな香りを試してみるのもいいかもしれません。

バスソルトのほか、重曹で作った「ハーバルバスパウダー」もあるので塩の粒が大きいと思ってしまう人、敏感肌の人なら、パウダーを使ってみるのもおすすめです。

こちらも「ハーバルバスソルト」同様、6種類の香りがあります。

定番のクナイプ

Kneipp
出典:https://www.kneipp.jp/products/products/detail.php?product_id=172

代表的なバスソルトとして有名なのがKneipp(クナイプ)。
ドイツの定番バスソルトで、岩塩と天然ハーブ精油を使った製品です。

天然のミネラルが含まれていて、発汗作用があると、日本でも古くから輸入されてきているので幅広い年代に支持されている歴史もある入浴剤です。

クナイプのバスソルトは香りが豊かで、定番はオレンジ、ワイルドローズ、ラベンダー、ローズマリーなど。定番以外も多く変わったものだとスポーツ後に使えるスッとするワコルダー、花粉症の時期に効果的なユーカリの香り、ドイツ語でグッドナイトを意味するグーテナハトと呼ばれるビールの原料にもなるホップとバレリアンの香りもあります。

30周年の限定バスソルトも発売していて「きっとうまくいくよ(Everything will be fine)」、「応援してるね(Cheer up)」「あなたがいてくれてよかった(You make me happy)」の3つは1包ずつの販売です。

それぞれのメッセージを込めたプレゼントにもよさそうですね。

女子力が高い!SABONのバスソルト

SABON バスソルト
出典:http://www.leafkyoto.net

デパートの店舗も増えてきたSABON(サボン)のバスソルトは、パッケージもかわいらしく女性に人気です。

イスラエルの人気化粧品メーカーのSABON(サボン)はミネラルいっぱいの死海の塩を使ったバスソルトで3種類。
バニラ、ローズ、ハニーピーチの香りで、容器もガラスのおしゃれな密封容器なので、全部使い切った後は小物入れとしても使えます。

バニラやハニーピーチの香りは、他では見つけられない香りなので、気分を変えたい時に使ってみるのがいいかもしれません。

SABONではミネラルパウダー、ミルキーソープ、マッサージオイルもあるので一緒に揃えてみてはどうでしょうか。

出産後にも安心!エルバビーバのバスソルト

エルバビーバ
出典:http://www.johnmasters-select.jp/

エルバビーバのSHバスソルトはマッサージ用のバスソルト。
ママのための製品ではあるもののUSDAオーガニック製品で、肌により優しいバスソルトです。
ジンジャーとレモン、ピンクペッパーの3つの香りが楽しめます。

塩の粒もとても細かく、肌が弱い人にも安心です。
エッセンシャルオイルが使われていて、人工香料ではないことも支持が高く、クチコミではじんわりと汗をかくことができると高評価!
入浴後も保温性が高く汗もかきやすくなるので、ダイエットにも使えます。

粒子の細かいソルトは、育児中、疲れがちなママの癒しの時間のお供に使えます。

ベビーマッサージ製品でおなじみのエルバビーバですが、ママが使うバスソルトもおすすめですよ♪

低価格ならエプソムソルト!

エプソムソルト
出典:http://item.rakuten.co.jp/

テレビで放送されてから、エプソムソルトと言われるバスソルトが話題になっています。
イギリスのエプソムで発見されて、実は塩ではないのですが、バスソルトとして使う人が急増中です。

人気なのはその安さで楽天市場では3kgで1500円のお得さ。
アロマオイルや重曹を混ぜてオリジナルの入浴剤を作る人が多く、シンプルな効能だけ欲しいのならエプソムソルトを買って、自分でオイルアレンジするのもよさそうです。

個人輸入しちゃおう!iHerbのバスソルト

iHerb
出典:http://jp.iherb.com/

バスソルトにハマってくると、日本で売られている製品だけではなくて世界中のバスソルトをチェックして試してみたくなるはずです。

そんな時に使えるのがiHerb(アイハーブ)。
iHerbはアメリカの通販サイトで、日本からも購入ができることで有名です。

バスソルトだと、シンプルなSea Mineralsのバスソルトが32オンス906gで1109円。
価格は為替によって変動しますが、1kgのバスソルトが1000円程度で買えるなんて驚きです。

人気製品はEOプロダクツのWarm Upバスソルト。22オンス、623.7グラムで1199円です。
Hinoki、Gingerと書いてあり、ヒノキと生姜エッセンシャルオイルが使われている様子。

オーガニック製品で成分にこだわりがあるのに、比較的低価格で買えるバスソルトで、合成香料、人口着色料は不使用。
パラベンや硫酸ナトリウム、ラウリル硫酸も不使用です。

EOプロダクツは日本では見かけない製品ですが、低価格で買える製品で海外では一般的のようなので、個人輸入でお試ししてみると案外ハマってしまうかも?

スポンサーリンク

まとめ

今、話題のバスソルト。

もう一度正しい使い方をまとめるとこのようになります。

・入浴する時は半身浴や低温でゆったり10〜20分は
・髪の毛にはつけずに、入った後はシャワーで洗い流す
・足湯、マッサージにも応用して使うことが可能
・人気のメーカーの製品を使い分けて

メーカーはもちろん、香りでも違うバスソルト。
何種類かを比較しながら使い分けて癒されたいですね!

ぜひ、自分に合った商品をお探し下さい♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする