実はみんなやっている!デリケートゾーンの脱毛の方法と注意点をご紹介♪

脱毛は、ワキや足、腕だけなんて思っている方いませんか?デリケートゾーンの悩みって、人にはなかなか聞けないし、自己処理したとしても、すぐに生えてきてしまったり、個人差が出やすい部分だからこそ、毛の濃さやその範囲で悩むところでもあります。ここでは、そんなデリケートゾーンの脱毛について紹介するので、悩みを抱えている人やちょっと気になる人など、是非参考にしてみて下さいね。


スポンサーリンク

デリケートゾーンの悩み

脱毛は、ワキや足、腕だけなんて思っている方いませんか?デリケートゾーンの悩みって、人にはなかなか聞けないし、自己処理したとしても、すぐに生えてきてしまったり、個人差が出やすい部分だからこそ、毛の濃さやその範囲で悩むところでもあります。面倒だから、夏の水着を着る間だけ…なんて人も多いのではないでしょうか?
デリケートゾーンの脱毛方法
出典:http://nikibi-bokumetu.net

でも、面倒だなんて思わず、安心して下さい!実は、デリケートゾーンもサロンにて脱毛出来るんです。ここでは、そんなデリケートゾーンの脱毛について紹介するので、悩みを抱えている人やちょっと気になる人など、是非参考にしてみて下さいね。


スポンサーリンク

デリケートゾーンの範囲って?

水着
出典:http://www.girls-terrace.com

そもそも、デリケートゾーンとは、どこからどこまでの範囲のことを示すのか、知らない人も多いはず。実は、デリケートゾーンの事をVIOと言います。

  • Vとは、小さい下着からはみ出すビキニライン
  • Iとは、陰部から肛門までの範囲
  • Oとは、肛門周辺の範囲

以上が、VIOです。
Vラインは、水着を着る時に気になるし、IやOラインも、水着や細い下着を付ける時に気になりますよね。


スポンサーリンク

デリケートゾーンの脱毛をしよう

デリケートゾーンの脱毛って、本音を言うととても大変ですよね。毛抜きなどで抜こうとすると、猛烈な痛みがあったり、カミソリで剃れば、剃った後が残る上に生えてくるのも早いのが悩みどころ。キレイに処理をしたいのに、どうしてもうまくいかなかったり、痛みに耐えられない人は多いかと思います。

脱毛

出典:http://www.skincare-univ.com

そんな時は、自分でなんとかしようとせず、プロに任せてデリケートーンを脱毛するのが一番です。最近、デリケートゾーンを脱毛する人が増えてきているので、比較的どの脱毛サロンでもVIOラインの脱毛を行っています。
脱毛サロンで行うと、痛みも少なく(ワキ脱毛と比較すると、多少の痛みは感じます)キレイな形に整えてくれるので、うまく出来ない人は安心です。しかも、回数を重ねて脱毛を続ければ、いずれは自己処理をしなくて良くなるのが嬉しい魅力でもあります。

もし、恥ずかしいと思っている人がいても、安心して下さい。プロである脱毛サロンのスタッフは、日々施術でデリケートゾーンの脱毛を行っています。なので、心配しなくても大丈夫ですよ。

スポンサーリンク

もし自分でするなら?注意点知ろう

脱毛サロンに通うのも良いですが、中には通うほどではないけど処理をしたかったり、やっぱり脱毛サロンに行くのは恥ずかしいなど様々な理由から、自分で自己処理をしたいという人もいますよね。

女性

出典:http://www.kyotobrand.net

ここでは、そんな方のために自己処理する場合の方法と注意点を紹介します。デリケートゾーンは、文字通りデリケートな部分で肌も敏感になりがちです。ちょっとした事で炎症を起こしたり化膿したりするので、注意点をしっかり踏まえて、正しい処理をしましょう。

スポンサーリンク

脱毛の方法と注意点

まず、Vラインをどんな形にするか決めましょう。一般的に、上部分の幅は、人差し指と中指の2本分で、高さは3~5cmが美しく見えると言われています。キレイな形にしたいのでれば、脱毛する前に軽くラインを書くと仕上がりがキレイになります。形が決まったら、毛を短く切りましょう。長いままカミソリやシェービングを行うと、毛が絡まりやすくトラブルのもととなります。その後、毛の流れに剃って処理を行います。もし、カミソリで処理をする場合は、錆びている刃のカミソリは使わないようにしましょう。炎症や化膿の原因となります。

次に、Iラインの脱毛です。Iラインを行う際は、入浴後など清潔な状態で行うようにします。また、Vラインよりちょっとした刺激で炎症や化膿を起こしやすいので、ワセリンなどを塗って肌を保護しましょう。方法に関しては、Vラインと同様に長い毛を短く切ってから行うのですが、Iラインは粘膜に近いため刺激を受けやすい部分でもあります。シェービングなどで処理をするのは良いのですが、除毛クリームやワックス脱毛は避けましょう。

Oラインですが、Oラインは残念ながら自分で行う事が出来ないので、もし脱毛を希望するならOラインを行っている脱毛サロンで施術をしてもらいましょう。

悩む
出典:http://appwoman.jp

VIOラインは、刺激に敏感な部分なので、生理中や風邪を引いている時など免疫力が低下している時期は、ちょっとした痛みやダメージに敏感になり、トラブルが起こりやすくなるので注意しましょう。

スポンサーリンク

脱毛のメリット

デリケートゾーンなだけあって、脱毛には注意が必要な部分ですが、脱毛を行うと水着やTバックなどの下着を自由に楽しめるだけでなく、生理中の蒸れやかぶれを防ぐ事が出来るというメリットもあります。特に生理中は気分も沈みがちなので、蒸れやかぶれが軽減するだけでも嬉しいですよね。また、脱毛サロンで脱毛する場合は、自己処理をする機会が回数を重ねる毎に少なくなるので、肌トラブルもなくなります。ただ、両方とも保湿はしっかりとしましょう。

スポンサーリンク

デリケートゾーンを脱毛して快適に過ごそう


出典:http://www.lifehacker.jp

肌の中でもとても敏感でトラブルが起きやすいデリケートゾーンですが、自己処理の場合は今回紹介した方法でしっかりと行えばトラブルもなく処理が出来ます。脱毛サロンで行う場合は、特にトラブルなありませんが、体調が優れない時や生理時(一般的に生理時は脱毛不可が多い)は脱毛を避けましょう。思わぬトラブルを招きかねません。

ただ、今はデリケートゾーンの脱毛は珍しくない時代です。しっかりとしたケアなどをしていれば、快適な生活を送る事が出来まるので、まだしてなくて悩んでいる人は是非行ってみて下さい。快適な生活が待っていますよ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする