女らしさを演出♡きれいなデコルテをつくるためのスペシャルケア!

デコルテは年齢が出やすい部分でもあるため、年齢を気にしている人は、ケアが欠かせない部分でもあります。もちろん、まだ年齢が気にならない方も早い段階でしっかりケアを行うと、キレイなデコルテを維持出来ると言われています。ここでは、キレイなデコルテを作るケア方法をご紹介します。

スポンサーリンク

デコルテって?

女性
出典:http://googirl.jp/img/1112175top.jpg

デコルテとは、首から胸元までの部分のことを言います。

年齢が出やすい部分でもあるため、年齢を気にしている人は、ケアが欠かせない部分でもあります。
もちろん、まだ年齢が気にならない方も早い段階でしっかりケアを行うと、キレイなデコルテを維持出来ると言われています。
結婚式準備で行うエステでもデコルテケアがあるほど、きれいなデコルテはその人自信を美しく見せてくれるものです。。

そもそも、デコルテの語源はファッション用語だったと言われています。
ファッション用語では、デコルテは胸の部分を大きく開けたという意味だそうです。
それが、時代が変化するにつれ、首から胸元までの部分を指す言葉へと変わっていきました。

スポンサーリンク

デコルテで年齢が分かる?!

実は、デコルテは年齢を表す部分だと言われています。

年齢を表す部分というと目元と思いがちですが、デコルテも目元同様に年齢が分かってしまう場所でもあるんです。
つまり、目元同様に日頃からデコルテのケアをしておかないと、実年齢以上に見られてしまう可能性もあります。

年齢がでやすいデコルテ。
実は意外と人から見られているのを知っていましたか?
例えば、首の横ジワやくすみ、ザラつきなどを感じる人も多いはず。
これこそが、年齢が現れている証拠です。

デコルテ
出典:http://woman.excite.co.jp/article/beauty/rid_E1398663077135/

そして、デコルテは皮脂腺が多い非常に多い部分です。
しかし、皮脂腺が多いにも関わらす、顔のスキンケアのように保湿などしている人は少ないかと思います。

また、中にはデコルテにニキビができる人もいるのではないでしょうか?
デコルテニキビの原因は、ストレスやホルモンバランスの乱れからできます。
ちなみに、ストレスというと内的要因だけかと思いがちですが、実は髪の毛やネックレスなどが触れる外的要因もストレスになるんです。
刺激や汚れがデコルテに付着すると、ニキビが出来たり、年齢も実年齢より上に見られてしまう可能性があるんです。

スポンサーリンク

デコルテ美人になるためのケアをしよう!

デコルテ美人
出典:cocokara.me

デコルテケアとして1番有名なのが、デコルテマッサージです。
日頃からマッサージを行うと、血液の循環が良くなり、むくみや老廃物が流れ、キレイなデコルテラインになります。

理想的なデコルテラインは、緩やかにVの字に伸び、指3本が鎖骨のくぼみに入る形といわれています。
もちろん、この理想型はケアをちゃんと行った場合に実現する理想型なので、姿勢が悪かったり、鎖骨に老廃物が詰まったりすると、鎖骨が埋まって見えなくなったり、鎖骨の形が悪くなることが多いです。

キレイなデコルテラインを作るにはどうすれば良いのでしょうか?
ここでは、そんなキレイなデコルテラインを作るケア方法を紹介します。

スポンサーリンク

完璧なデコルテラインをつくるるスペシャルケア♡

デコルテケア
出典:http://www.biranger.jp/archives/63518

1.スキンケア

顔のスキンケア同様に、デコルテラインもセットでケアをしてあげましょう。
デコルテのスキンケアは、いつも顔に使用しているスキンケア商品で問題ありません。
毎日続けてケアする事が大切なので、出来れば、朝と夜の2回行うようにしましょう。

2.マッサージ

デコルテには、リンパ管やリンパ節が集中していてるので、リンパマッサージをするのに最適な部分でもあります。
リンパマッサージ行うと、血行が促されるので、シワ・むくみ・くすみ・肩こりの症状の回復にも繋がります。

これから、すぐにできるデコルテの「マッサージ方法をご紹介します。
滑りやすくするために、クリームやオイルを馴染ませてから行うとより効果的です。

・3本の指を両耳の下辺りに当て、指圧しながら回転させ、下の方までマッサージします。両耳下からスタートし、左右の鎖骨の真ん中までマッサージを行います。このサイクルを、5~6回繰り返しましょう。

・3本の指を胸の谷間辺りに当て、指圧しながら回転させます。この時、V字を描くように鎖骨まであげます。このサイクルを、3回程繰り返しましょう。

・指をピースにして、ピースの間に鎖骨を挟みます。その形で、内側→外側、外側→内側へ、指圧をしていきます。左右それぞれ、3往復程度行いましょう。

3.紫外線予防

デコルテは、実は汗をかきやすいゾーンなことを知っていましたか?
せっかく日焼け止めを塗っても、すぐに流れ落ちてしまうんです。
特に夏場は、デコルテが露出する機会が増えるので、こまめに日焼け止めを塗り、デコルテケアを行いましょう。

4.汗や汚れをケア

デコルテは汗をかきやすいので、汗の拭き残により汗荒れやあせものが出来てしまいます。
また、ボディソープやシャンプーの洗い残しをすると、ニキビが出来てしまいます。
このようなデコルテ部分の肌荒れは日常生活の中で防ぐ事ができるので、意識して行いましょう。
また、週に1度で構わないので、スクラブを使ってデコルテをケアをするのも良いでしょう。

スポンサーリンク

デコルテ美人になろう

毎日鏡を見て、まず目に入ってくるのは顔ですよね。
顔のすぐ下にありながら、いつも目の行かない首・デコルテは、衰えの発見も遅れやすいので、気付いたときにはシワ・くすみ・ざらつきが進行している可能性があります。

まとめ
出典:http://ニキビ食べ物.com/ニキビを早く治す方法/デコルテニキビを早く治す方法?おまけで隠す方/

ただ、顔のケアとセットで毎日デコルテケアを行っていれば、シワ・くすみ・ざらつきを防ぐ事ができ、年相応もしくは実年齢より若いデコルテを手に入れる事が出来るかもしれません。

デコルテがキレイだと、つい目がいってしまいますよね。いつまでも若くいたいと思う人、年齢を気にし始めた人など、デコルテケアを始めるチャンスかもしれません。

デコルテケアをして、デコルテ美人になりましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする