夏間近!日差しに負けないボディ作りをしよう!

いよいよ夏が近づいてきました!美白ケアの鉄則を今一度確認しておきましょう!

スポンサーリンク

夏がやってくる!焼けちゃう前に知っておきたい美白ケアのこと

日差し女性
出典:http://model.foto.ne.jp/free/download_img.php/id/300406

夏真っ盛り、とにかく暑くて肌を出したい!・・・そう思ってから日焼け止めを塗る、なんて方はいませんか?
ご存じの方も多いかもしれませんが、実は、紫外線が強いのは真夏だけじゃないんです。3月くらいから強くなり始めて、一番紫外線が強いのは、なんと5月なんですって!

春先にUVケアをしている人を見てまだ早い、なんて思っていませんでしたか?
油断しがちな夏前にこそ、美白ケアの必要があったんですね。
美白をキープしたいそこのアナタ!今からでも遅くありません。
薄着になってしまうその前に、しっかり美白ケアのことを学んでおきましょう。
今回ご紹介する美白ポイントは3つです。

お肌をガードすること
お肌の外側から補うこと
体の内側から補うこと

これから、そのポイントごとに分けて、詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

美白ケアポイント1-お肌をガードする

美白の大敵と思われがちなメラニンは、本当はお肌の味方です。メラニンがないと、皮膚は日差しからダイレクトにダメージを受けてしまい、赤く腫れたり、痒くなってしまったりするのです。色白でいいな〜と言われる人は、実は、ちょっと陽に当たってもトラブルになってしまうという悩みがある人も多いものです。だから、そんなに毛嫌いしないでほしいところです。
とはいえ、余計な日焼けは、美白から遠ざかるので、避けたいですね。なんといっても1番は、陽に当たらないことです。

そのためには、

①屋内で過ごす

②長袖、カバー、ストールなどで、なるべくお肌を覆うようにする

③日焼け止めクリームをぬる

という対策が考えられます。
屋内で過ごすというのは、できない人もいるでしょうし、特に説明は必要ないでしょう。
長袖など、布でお肌を覆う場合、気をつけたいのは、布の色です。
紫外線を通しにくいのは、黒や紺などの濃い色味のもの。白は、紫外線を通してしまうのでできるだけ避けましょう。濃い色は見た目に暑く感じられるかもしれませんが、お肌が弱くて、日焼け止めクリームはぬれない、という方は色に気をつけてみてくださいね。
次は、日焼け防止の定番ケア、日焼け止めクリームについて詳しくご説明します。

日焼け止めクリームに書いてある、SPFとPAって何?

日焼け止めクリームに表示されている、SPFや、PAという表示は、何を意味しているか、わかりますか?
SPFは、日本人の標準的な肌が日光にさらされた時に日焼けし始めるのを20分と決め、それを1として、「どれだけ日焼けを遅らせるか」という表示です。SPF20なら、20×20=400で、400分、約6時間40分日焼けしない、という意味です。
また、PAは、+で表示されますが、基準はあいまいなようです。紫外線にはA波とB波があり、A波は、より皮膚の奥まで届き、日焼けより肌の老化を招くといわれていますが、そのA波を防ぐ表示で、+の数が多いほど、カバー力があることになっています。
ただし。どちらも、10cm四方に1mlをぬった場合であり、普通はそんなに厚塗りしないので、SPF50なのに日焼けしちゃった!ということが起きるのです。数値が高いものは、肌への負担も大きいので、SPF20〜30のものを選び、こまめにぬりなおすのがオススメです。例えばこんな日焼け止めクリームはいかがでしょうか。

エイボン ウォーターベースUV

日焼け止めクリーム
出典:http://thumbnail.image.rakuten.co.jp/@0_mall/suitecosme/cabinet/02311288/img58954559.jpg

スポンサーリンク

美白ケアポイント2-お肌の外側から補う

日焼けでダメージを受けやすい肌と、受けにくい肌、違いは、お肌が持つバリア力です。そのカギになるのが、潤い。しっかりと保湿された、キメの整った肌は、乾燥して荒れ気味な肌に比べて、ダメージを受けにくいのです。実は、冬場の乾燥に負けてカサカサしたお肌で、春から夏の強い日差しを浴びるのは危険なこと。お風呂上りやおやすみ前に、顔だけではなくボディも保湿してあげましょう。そこで、オススメのボディクリームをご紹介します。

ハウスオブローゼ ボディアロマクリーム

ボディクリーム
出典:http://www.houseofrose.co.jp/common/images/products/img_coricuarz04_l.jpg

ペマエンジェル 薬用クリアジェル

薬用クリーム
出典:http://ecx.images-amazon.com/images/I/41hsVC0H0HL.jpg

オリヒロ マイルド馬油

馬油
出典:http://www.cosme.net/product/product_id/10065709/pictures/photo/2899105

実は、とても意外に思われるかもしれませんが、エキストラバージンオリーブオイルにも、保湿とバリア効果があります。お料理用でもOK。アレルギーがなければ赤ちゃんにも安心なので、親子で使うのもおすすめです。

スポンサーリンク

美白ケアポイント3-体の内側から補う

元気なお肌は、やはり生活からなのです。ビタミンたっぷりの果物や野菜を日頃からよく摂る、ストレスをためない、睡眠時間をきちんと確保する、これだけでも、お肌はきれいになってくれます。日差しのダメージや、疲れから回復する作業は、食べたものを材料に、寝ている間に行われます。いくら外から補っても、内側がガタガタでは効果が限られます。お肌だけではなくて、体全体からよくいたわってあげてください。

いかがでしたか?これからの季節、外に出る機会も多くなったり、活動的になってきますね。
うっかり日焼けや、肌疲れを防ぐためにも、3つのポイントを意識して、しっかりケアしてあげてくださいね!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする