今度こそあきらめない!絶対にぽっこりお腹を解消するエクササイズ方法!

あれ?この前まで履けていたスカートがきつくて入らない、体重は増えてないのにおかしいな、なんて経験ないですか?このぽっこりお腹、ただ「脂肪がついた=太った」というのだけが原因ではないのです。食事や腹筋だけでは解消できないものなのです。

スポンサーリンク

あなたもいつの間にかぽっこりお腹に!?

ぽっこりお腹
出典:mery.jp

あれ?この前まで履けていたスカートがきつくて入らない、体重は増えてないのにおかしいな、なんて経験ないですか?

ぽっこり突き出たお腹では、せっかくの可愛い洋服も着こなせません。
しかもこのぽっこりお腹は30歳を過ぎるとそう簡単にはなくなるものではありません。

このぽっこりお腹、ただ「脂肪がついた=太った」というのだけが原因ではないのです。
食事や腹筋だけでは解消できないものなのです。

一体どういうことなのでしょう???

スポンサーリンク

ぽっこりお腹になってしまう原因は?

ぽっこりお腹になってしまうのにはいくつかの原因があります。
まずはこの原因についてご紹介していきます。

便秘

便秘
出典: https://weheartit.com/entry/169181828

1日~2日の便秘ならぽっこりお腹にはなりません。
便がお腹に滞留して、その便が腐敗し、発するガスで腸が膨張し、下腹部がぽっこりしてしまうのです。
3日以上の便秘だと要注意なのです。
また、下半身の冷えが腸の動きを鈍くし、便秘を引き起こすこともあるので「冷え」にも注意です。

筋力の低下

筋力の低下
出典:https://weheartit.com/

筋力は30歳を過ぎたあたりから1年あたり1%低下するといわれています。
筋力を意識しない生活をしていると、筋力低下とともに基礎代謝も減り、年齢と共に痩せにくくなってしまいます。
特に普段から姿勢の悪い人はお腹まわりの筋力が低下し、内臓を支えきれなくなりお腹がぽっこり出てしまうのです。

骨盤のゆがみ

骨盤のゆがみ
出典:https://weheartit.com/

まず、骨盤がゆがんでいないかチェックしてみましょう。

□横座りをよくする
□椅子に座るとき、つい足を組む
□朝、起きたら腰に違和感がある
□同じ姿勢で座って仕事することが多い
□立っているとき、片足に重心がかかっていることが多い
□決まった方の手でバッグを持っている
□歩いていると、勝手にスカートが腰で回ったり、ネックレスが回ったりしている

チェックが多いほど、骨盤が歪んでいる可能性があります。
どれもついやってしまいがちなことですが、こんな日常のちょっとしたことで骨盤は簡単にゆがんでしまうのです。
出典:http://ぽっこりお腹の原因と解消法.com/index.html

このように、生活習慣により骨盤がゆがんでしまうと内臓が下にさがり、お腹がぽっこり出てしまいます。
また、骨盤のゆがみは便秘も引き起こしてしまうこともあります。

スポンサーリンク

ぽっこりお腹にならないために日頃から気をつけておきたいこと

普段の何気ない生活の中で、気をつけるべきことはたくさんあります。
意識をするかしないかで、体は変わっていきます。
たくさんの女性が悩まされているぽっこりお腹をこの機会にぜひ解消しましょう。

姿勢をよくする

姿勢
出典:http://rubeusu-trend.com/3644/

姿勢が悪いと骨盤がゆがみ、ポッコリお腹の原因になります。
足を組んだり楽な姿勢をとることによりゆがみがでます。

普段から背筋を伸ばして姿勢を意識しましょう。

栄養ある食事をする

栄養ある食事
出典:https://weheartit.com/

お腹に脂肪がつきにくい体質にするため、良質で栄養バランスのよい食事をしましょう。
食べる時間や量にも気をつけて下さい。

バランスのよい食事は便秘の予防にもなります。

お腹の筋肉を鍛える

お腹の筋肉
出典:https://weheartit.com/

ヨガや腕立て伏せ、カービィーダンスなどでお腹の筋肉を鍛えましょう。
がむしゃらにやる必要はありません。

ある程度内臓を支える筋肉をつけるために、簡単な運動を取り入れましょう。
また、腹式呼吸は腹筋を鍛えます。
普段から深い呼吸を意識してみて下さい。

その他に、ストレスを抱えこまずに上手に発散させることも大事です。
また、大笑いすることはストレス発散にもなりますし、意外と腹筋を使います。

スポンサーリンク

ぽっこりお腹を解消するエクササイズ

ドローイン運動

①姿勢よく立ちます。

②口から息を吐きながら、お腹と背中をくっつけるイメージでお腹に力を入れながら限界までへこませます。

③呼吸は止めずにお腹をへこませた状態で15秒キープ。
好きなときに好きなだけやりましょう。

ねじり運動

①仰向けで寝て両膝を立てます。

②息を吐きながら、両膝をゆっくり横に倒します。
顔は倒した膝と反対側に向けます。

③そのまま15秒キープします。
それを左右3回ずつ行いましょう。

V字腹筋

①仰向けで寝ます。

②腹筋を使って体を引き上げ、同時に足も引き上げV字になります。

③そのままV字の体制で5秒間キープします。
それを5回繰り返しましょう。

腰回し運動

①肩幅に足を広げて立ちます。

②腰をゆっくりまわします。

③1分程度まわしたら次は逆方向にまわします。

椅子に座ったまま腹筋運動

こちらの運動はオフィスで椅子に座ったままできるので、空き時間にぜひやってみましょう。

①椅子に浅く腰をかけ、両手はおしりの横に置き、椅子の側面を持ちます。

②両足を揃えてゆっくり持ちあげて、胸の近くまであげたらそこで5秒キープします。

③そこからさらにゆっくりと足を元に戻します。

スポンサーリンク

まとめ

ダイエット
出典: https://weheartit.com/entry/170684171

いかがでしたか?
普段の食生活や悪習慣を改善することはぽっこりお腹を解消するだけでなく、健康促進にもなります。

薄着になる季節はもう目の前ですが、まだ間に合います!

毎日のエクササイズと生活習慣を意識して、ぽっこりお腹を解消し、健康的な体になりましょう!

今年の夏はスリムボディーでおしゃれを楽しんでみませんか♪

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする