今から習慣づけたいアンチエイジングの第一歩!正しい化粧直しの方法とは?

アンチエイジングについて考え始める時期は人それぞれ。鏡を見て、自分の顔に今まで気が付かなかった目じりの小じわや、お肌のくすみに衝撃を受けて慌ててアンチエイジングケアを始めようとする方も多いはず。それでももちろん遅くはないのですが、スキンケアよりもまずは、アンチエイジングのための第一歩「正しい化粧直しの方法」をご紹介します。

スポンサーリンク

きちんと化粧直しできてますか?

女性の美学
出典:http://josei-bigaku.jp

アンチエイジングについて考え始める時期は人それぞれ。
鏡を見て、自分の顔に今まで気が付かなかった目じりの小じわや、お肌のくすみに衝撃を受けて慌ててアンチエイジングケアを始めようとする方も多いはず。

それでももちろん遅くはないのですが、スキンケアよりもまずは、アンチエイジングのための第一歩「正しい化粧直しの方法」をご紹介します。

スポンサーリンク

化粧直しのタイミングは? 

cosumehouse
出典:http://cosumehouse.com/

化粧崩れには個人差があります。
皮脂の分泌量や、汗のかき具合もひとそれぞれ。

そして、その日によって外出が多かったり、ずっと室内だったりと行動パターンが違うものですが、誰しもが食事をするでしょうし、お手洗いにも行きますよね?

実は、それがベストな化粧直しのタイミングなのです!

食事をすれば当然、口紅ははがれてしまいます。
食べ物に含まれる油分によって皮脂の分泌量も多くなることもあります。

朝昼晩の食事あと、また、お手洗いに行くタイミングで鏡を見て、余分な皮脂をとり、化粧崩れのチェックすることをまずは習慣にしていきましょう。

スポンサーリンク

パーツ別の化粧直しの方法 

余分な皮脂が表面に出やすい部分は、おでこ、鼻、そしてあごです。
しかし、人によってそれは大きく異なります。

Tゾーン 

GODMake.
出典:http://godmake.me/

まずは濡らして固く絞ったスポンジ、もしくはガーゼハンカチなどを使用してこするのではなく、優しくお肌にあてるように皮脂を拭き取ります。
そのあと、スプレータイプの化粧水で保湿をして、その後、ひと呼吸おいてからファンデーションを付け直しましょう。

この時も厚く塗ってしまうとお肌のアラが目立って逆効果になります。
パウダーをパフではなく、フェイスブラシを利用してふんわりのせることで自然な仕上がりになります。

アイメイク 

時間がある場合は、一度すべて落としてやり直すのが一番良いのですが、お出かけ中でそこまで出来ない時には、クレンジングクリームのついている綿棒を
利用して、目元のにじみだけでも直しておきましょう。

リキットファンデーションやコンシーラーは厚く塗りすぎないように気を付けましょう。
小じわに入り込んでしまったファンデーションが際立ち、逆に老けて見えてしまいます。

口元

唇の輪郭がしっかりしていないとメイク全体がだらしない印象になってしまいます。

まずはリップクリームを使って保湿をしてから口紅を塗りなおしましょう。
そのときは、ステックで直接塗らず、かならずリップライナーもしくはリップブラシを利用して唇の輪郭から塗っていきましょう。

GATAG
出典:http://free-photos.gatag.net/

化粧直しのポイントは?

ポイントは2つ。

・お肌の表面にある余分な皮脂をとりのぞくこと
・保湿をすること

塗りっぱなしの ファンデーションはニキビや肌荒れの原因になります。
また老化を推進する物質にもかわり、お肌に悪影響を及ぼすのです。
そこで、余分な皮脂を取り除くとともに、化粧直しをすることが大切になるのです。

また、お肌の乾燥はバリア機能の低下につながります。
そんなお肌で外に出て紫外線を浴びれば大変なダメージ受けてしまいます。

一日のうちに化粧直しの時間を作る習慣をつけることが早ければ早いほど、お肌のため、つまりアンチエイジングになるのです。

livedoor news.
*出典:http://image.news.livedoor.com/

スポンサーリンク

まとめ

アンチエイジングケアを念入りに励んでいらっしゃるあなた。
今まで正しい化粧直しの方法はできていましたか?

アンチエイジングケアなんてまだまだ、というあなた。
正しい化粧直しを今から習慣にしておけば、突然できていた目じりの小じわに慌てふためくということはなくなるでしょう。

まずは、正しい化粧直しの習慣を身に着けること。

食事の後、お手洗いへ行った時、鏡を覗き、化粧崩れをチェックしましょう。
その習慣を身に着けることであなたの印象もグッと変わりますよ♪ 

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする