今からでも遅くない!思い立ったらシミ・そばかす対策をはじめましょ♪

シミやそばかすに悩む人は少なくないようです。顔は、その人を表す大きな要素の一つですから、気になるのも当然と言えばそうですね。
「シミ・そばかすをなんとか消したい!」そのために、今すぐに始められる対策をご紹介いたします。

スポンサーリンク

シミ・そばかすを作らせないために!

しみ対策
出典 : www.skincare-univ.com

お肌のトラブルの中でもシミやそばかすに悩む人は少なくないようです。
顔は、その人を表す大きな要素の一つですから、気になるのも当然ですね。

今回はそんなできてしまうだけで気分が暗くなってしまうシミ・そばかすをなんとか消したい!
そのために、今すぐに始められる対策をご紹介いたします。

スポンサーリンク

そもそもシミとそばかすの違いは?

一般的に、シミは後天的要素によるもの、そばかすは先天的要素によるものが多いです。

幼い子どもの頬や鼻に、細かく散らばるように見られることも多い「そばかす」
これは、加齢と共に徐々に薄くなることが多いです。

一方、20代以降、そばかすよりも大きく頬や額などで左右対称に見られることの多い「シミ」
こちらは、加齢そのものが原因とも言えるほど、ケアを怠ると増えていく可能性に満ちています。

これらは、同じような症状ですが実は全くの別物です。
そのため20代を過ぎて出てきてしまうもののほとんどがシミと考えて頂いて問題ありません。

スポンサーリンク

シミができてしまう原因とは?

mery.jp
出典 : mery.jp

できることなら、一つもできてほしくないシミ。
そもそもシミが出来てしまう原因はどこにあるのでしょうか?

実はシミができてしまう原因のほとんどは紫外線によるものだと言われています。

紫外線を浴び続けると、一部のメラノサイトが暴走してメラニン色素生成が止まらなくなることがあります。
http://cosme-science.jp/1010skin/1030uv/1030a.html

つまり、紫外線を浴びすぎると通常よりもメラニン色素が放出されすぎてしまい、
ターンオーバーが追いつかず、そのままシミとなってしまうのです。。

そのため、シミ対策の基本は紫外線から肌を守ることです。

スポンサーリンク

シミ対策 その1~紫外線から肌を守ること

www.uvcare1.com
出典 : www.uvcare1.com

日差しの強い夏の季節には、しっかりと紫外線対策をしている方も多いと思います。
じつは、この紫外線対策は年中気にしてほしいポイントです!

冬の紫外線でもお肌にとってはシミの元となってしまいますので、油断してはいけません。
日焼け止めクリームや、日傘を利用する等して紫外線からお肌を守ってあげましょう!

ただし、日常生活でのケアと屋外レジャー(例えば、ビーチで海水浴、登山、スキー・スノーボードなど)の際のケアといつも同じで良いかというと、そうではありません。

普段の買物や洗濯物を干すなどのレベルでは、肌に負担の少ない日焼け止めクリームを使用することをオススメします。
いつも、SPF値の高い日焼け止めクリームを使うことは、紫外線に対しては保護できるかもしれませんが、落とす時にはそれなりの洗顔が必要になります。
毎日ゴシゴシと洗いすぎていると、かえって皮膚を弱めてしまう原因になりかねません。

シミやそばかすにとっても、肌への過剰な刺激は避けたいものなので、
肌の負担にならない程度の日焼け止めを選ぶようにしましょう♪

スポンサーリンク

シミ・そばかす対策 その2~肌に負担をかけないスキンケアを

毎日のスキンケアにも気をつけていきたいところです。
しっかりとメイクをした日には、やはりメイク汚れはその日のうちに落とす必要があります。
いずれにせよ、普段の洗顔やタオルでふき取る時などは、強くこすらないようにしましょう。

news.ameba.jp
出典 : news.ameba.jp

こする=肌への刺激です。
肌を外から刺激すると、肌は自身の内部を守るために肌を強くしようとします。
そもそもシミは、この人間に元々備わっている自己防衛作用が働くことでメラニンが生成されてできるのです。

つまり、お肌を刺激し過ぎると、このメラニン色素の発生を過剰に促してしまうことになるので、
日頃のスキンケアの際には、自分の肌を愛でるように優しくケアしてあげましょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?
シミができてしまう理由を良く理解し、それに合わせた対策をすることが一番重要です。

シミのない透き通った素肌美人を目指しましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする