メイク初心者必見!チークの正しい選び方と肌に合う塗り方♡

女性にとって、お肌の華やかさを演出してくれるチーク!!でも、自分に合うチークの色って、なかなかわからないものですよね。
実は、チークの選び方にはコツがあるんです。自分のお肌の色にぴったりのチークを見つけるコツを学んで、少しワンランク上のメイクで華やかな女性を目指しましょう。

スポンサーリンク

チークの正しい選び方知ってる?

チークの使い方
出典:http://www.cosme.net/

女性にとって、お肌の華やかさを演出してくれるチーク!!
でも、自分に合うチークの色って、なかなかわからないものですよね。

実は、チークの選び方にはコツがあるんです。
自分のお肌の色にぴったりのチークを見つけるコツを学んで、少しワンランク上のメイクで華やかな女性を目指しましょう。

「青みが強い色」と「黄みが強い色」

自分に合ったチークの色を見つけるのって、なかなか難しかったりしますよね。
でも、チークの色っていろいろあるように見えて、実はたった2つの色グループに分類できる・・・って知っていましたか?
これが、自分に合ったチークの色を見つけるときの基本になります。

では、この2色がどんな色かというと、意外なんですが、その基準は「青み(が強いか)」か「黄み(が強いか)」なんです。
チークの色とは、ちょっとかけ離れているように感じますよね。

しかし、これを知っておくことがチーク選びの第一歩です!

実は、この「青みが強い色」と「黄みが強い色」では、肌色の見え方が大きく変わってくるんです。
なので、どちらが自分の肌を綺麗に見せてくれる色なのかを、まず最初にしっかり把握しましょう。

それによって、チーク選びはかなり的確なものになります。
たとえば、同じピンク色のチークでも「青みが強い色」と「黄みが強い色」のピンクにそれぞれ分かれるんです。
この違いが、実は肌色に大きく影響するので、しっかり意識をしましょう。

では、「青みが強い色」と「黄みが強い色」って、具体的には、どういう色のことを言うのでしょうか?
いくつか例を挙げて説明していきたいと思います。

ブルーベースに分類されるチーク(青みが強い色)

これに属する色は、フューシャピンク、パステルピンク、ローズピンク、モーブ、トゥルーレッド、ローズレッド、バーガンディ、モーブなどの色のチークです。

クールで、すっきりした印象になる色です。

イエローベースに分類されるチーク(黄みが強い色)

一方の、イエローベースに属する色は、コーラルピンク、サーモンピンク、オレンジ、テラコッタ、トマトレッドなどの色のチークです。

これらは、ちょっと温かみのある印象のチークになります。

スポンサーリンク
続きを読む

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする