マネして憧れフェイスに!菜々緒風メイクのポイントとは?

芸能人に大流行の「ものまねメイク」。その中からモデルの「菜々緒風メイク」の極意をご紹介します!

スポンサーリンク

マネして憧れフェイスに!菜々緒風メイクのポイントは?

菜々緒
出典:http://namituka.com

最近、「ものまねメイク」が流行しています。

ざわちんをはじめとして、ブロガーで芸能人の「ものまねメイク」をアップしている人は多数います。
インターネットにアップされているので、調べればどうやればいいのかがわかり、メイク次第で自分が憧れている人になれるのだから、女性はぜひやってみたいところです。

ものまねメイクをするのに人気なのがモデルで女優の菜々緒さん。美人でスタイルも抜群。
しかもドラマのファーストクラスでは「川島レミ絵」を演じ、記憶に残る悪女の演技が印象的でした。そんな強い女性の代表でもある菜々緒さんになれるメイク方法とは一体……?

こうやって取り入れよう!菜々緒さんメイク

メイク
出典:http://www.edogawa-jikan.com

菜々緒さんメイクは、いわゆる「美人風」。そして、実はよく見てみると濃いコンサバメイクです。

最近はナチュラルメイクが全盛期。
すっぴん風メイクや、お風呂上がり風メイクなんていうのもあり”抜け感”を大切にしています。
そんな中、しっかりメイクを取り入れている菜々緒さん。

美人だからしっかりメイクが似合いそうな気がしますが、参考になることはたくさん。

例えば、目元は上まつげも下まつげもしっかりマスカラをしています。
ただし、下まぶたのアイラインは引かずにアイシャドウで影をつける程度だったりします。

また、リップは奇抜な色は選ばずにピンク系を選んでいて、強さを感じさせる目元とは違い、コンサバっぽさもあるのが菜々緒流メイクです。

会社のメイクでも、いつもはナチュラルメイクだとしても飲み会の日や特別な日は菜々緒風メイクをすると「あれ?いつもと違う」と思わせることもできるはず。

自分のイメージを自由自在にすることで、印象を変えることもできるわけです。

ざわちんブログの菜々緒さんメイクは?

菜々緒さんメイク

出典:http://sui-tan.biz

ざわちんのブログにも、メイク方法が載っています。

①まず、アイホール全体にゴールドアイシャドウを塗ります。

②二重の幅に合わせてチョコレート系ブラウンのアイシャドウを重ねて塗ります。

③アイライナーはブラック。ラインの太さは1ミリで、ナチュラルすぎない太さでしっかり書き、目じりは1~2ミリ程度はみ出るくらいがちょうどいいです。

④下の目じりにブラウンのアイシャドウを1/4程度ひいて、目頭はホワイトラメシャドウ。涙袋にも同じホワイトラメシャドウを塗ります。

⑤あとはまつ毛。毛先をビューラーであげて、上の粘膜部分はブラックのペンシルライナーで塗りつぶすと完成。最後につけまつげをつけます。

⑥下まつげも長くなるようなロングマスカラをつけたらできあがり。

どうでしたか?似ていましたか?

菜々緒さんは実はメイクは薄い方なのだそう。
ざわちんでも自信がないとコメントしていました。
アイラインはしっかり、ブラウン系の2色のアイシャドウ、ホワイトシャドウは外せないよう。
パーツを意識してしっかり濃いめにメイクするのがいいようです。

ファーストクラスのレミ絵風メイクは

レミ絵風メイク
出典:http://cinema.ne.jp

菜々緒さんメイクというより、ドラマのファーストクラスに出ていたレミ絵メイクを真似したい人もいるかもしれません。

そんな人は、菜々緒さんメイクとは違う方法を取り入れてみるのが肝心です。

肌はカバー力のあるファンデーションが必須で、陶器肌ができるツヤのあるファンデーションを塗ります。
もし、肌があまりキレイではないのならコンシーラーも使って肌がキレイな女性を演じてみましょう。

また、毎回、アイメイクの濃さが印象的だったレミ絵。
アイラインはブラックで、目じりからはみ出るように書くのがポイント。思いっきり太く、最後ははねあげて猫目のようにしてキリっと仕上げます。
そして、最大のポイントは下のラインはなし。ただし、ブラウンアイシャドウで彫りの深さをアピール。

そして、まつ毛もしっかりビューラーで上げて夕方まで下がらない意思を感じさせるまつ毛に。
マスカラは下まつ毛までしっかり塗ります。

その代わり、リップはグロスやサーモンピンクやピンクベージュなどナチュラルカラーを選んで。
ほんのり色づく程度のリップを選ぶのがレミ絵流です。

菜々緒さん風眉毛のつくりかた

菜々緒さん風メイク
出典:https://s3-ap-northeast-1.amazonaws.com

眉毛はきっちりと整えている菜々緒さん。太めでまっすぐ斜め上に引く眉毛です。

太さは太めで色はダークブラウン。
決して黒ではないのがポイントです。
菜々緒さんはまっすぐ眉で、
レミ絵は眉山を作るのが「らしい」作り方。
最後はブラウンの眉マスカラを使って、元々の眉と書いた部分の色を一緒にしておきます。

もし、自分で整えるのが難しいようなら、眉毛カットをしてくれるサロンに行ってみるのもおすすめ。
きれいに整えられた眉毛の方が、より「らしく」なれますよ。

まとめ

いかがでしたか?

美人の菜々緒さんメイクは、元々の骨格が美人じゃないと真似できないような気がします。ですが、コツさえ覚えれば菜々緒さん風メイクも実現できます。

メイク方法も、意思を感じさせる目元にナチュラルな口元と参考にできる部分はたくさん。「盛る」部分と「引く」部分を上手に計算して、菜々緒メイクをしてみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする