ニキビが出来た時に乳液はつけないほうがいいって本当?

ニキビができた時は、乳液をつけない方がいいと言う説を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。ですが、これは本当でしょうか。一体、乳液はつけた方がいいのか、つけない方がいいのか、どちらなのでしょうか。

スポンサーリンク

ニキビができた時は乳液はつけない?

洗顔
http://www.skincare-univ.com/article/000806/

ニキビができた時は、乳液をつけない方がいいと言う説を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
ですが、これは本当でしょうか。

一体、乳液はつけた方がいいのか、つけない方がいいのか、どちらなのでしょうか。 

また、そもそもニキビができた時のスキンケアはどうすればいいかということは意外と知らない人も多いのが事実。
いつものスキンケアを化粧水だけにするべき?などなど分からないことだらけ!

そんな方のために今回は、ニキビが出来た時の正しいスキンケア方法をご紹介します。

スポンサーリンク

ニキビの時にこそ乳液が必要な理由

スキンケア
http://googirl.jp/biyou/1306natu_hadatoraburu524/

若い時にできてしまうことの多いニキビ。
本当に悩ましいものですよね。。

いわゆる思春期ニキビでは、思春期はホルモン分泌がおかしくなってしまい、皮脂がたくさん分泌されている状態です。

そんな時はスキンケアはシンプルにして、乳液はつけずに化粧水だけで終わらせるスキンケア方法もあります。

ですが、ニキビが出来た時でも乳液はつけた方がいいんです。

その理由は、化粧水だけだと肌は乾燥したり皮脂分泌がより多くなるから。
化粧水の役割は水分補給なので、その後に乳液でフタをしないと乾燥が進みやすくなります。

乾燥が進んでしまうと、肌は無意識のうちに乾燥を防ぐために皮脂を分泌するため、皮脂がより多く分泌され、頬は乾燥しているのに皮脂分泌がひどいなんてことも。。

そしてまた皮脂分泌がニキビの元となる悪循環を生んでしまいます。

とは言っても、ニキビ肌の時はべとつく乳液はイヤな気持ちもわかります。
そんな方は、アルコールフリーの乳液で敏感肌用のものをつけてみてはどうでしょうか。

乳液にも1つのブランドでもさっぱりタイプ、しっとりタイプがあります。

そのため、さっぱりタイプや敏感肌用、ニキビ肌用を選んで、使用感の軽いもの、浸透が早いものを使ってみるのがいいかもしれません。

肌には油分も必要です。
しっとりタイプではなくさっぱりタイプを使うことで、使用感もよく使い続けることもできるので試してみてくださいね♪

スポンサーリンク

ニキビ対策スキンケアでも乳液は必須!

プロアクティブ
http://cosme.kittys.biz/?p=7486

本当に乳液をつけて大丈夫?とまだ心配している方も多いと思います。

そんな方のために、ニキビ対策スキンケアで有名なプロアクティブプラスとNOVの内容を見てみましょう。

プロアクティブの3ステップセットと呼ばれる基本の3ステップは、クレンザーと呼ばれる洗顔、トリートメントと呼ばれる美容液、ハイドレイターと呼ばれるクリームの3点です。

この3点の中にはクリームがラインナップになっていて、肌の油分を補うことはニキビ肌の人にも重要だということがわかるでしょう。

また、同じくニキビ肌用化粧品のNOV(ノブ)では、肌質に合わせて3つのニキビケアラインを設けています。

集中ニキビケアの「ACアクティブシリーズ」、乾燥肌や敏感肌の人のニキビケアの「ACシリーズ」、思春期ニキビケアの「Aシリーズ」の3つで、自分の肌のニキビの性質を見極めて使い分けることができます。

集中ケアの「ACアクティブシリーズ」では、クレンジング、洗顔、化粧水、乳液、部分用集中クリームの5ステップ。
この中にも乳液は入っていて、油分を補うスキンケアはニキビ肌にとっても重要だということがわかります。

思春期ニキビの「Aシリーズ」でも、化粧水のあとは保湿ジェルがあります。
乳液ではないにしても保湿できるアイテムがないと、肌の調子を悪くしてしまうことがわかります。

スポンサーリンク

ニキビ対策の時のスキンケア方法

洗顔
http://mery.jp/25628

ニキビをよくするおすすめの使い方は、プロアクティブプラスのブランドを選んだなら、1つのブランドを「ライン使い」すること。

いつも使っていた化粧品もニキビができたらお休みをして、ニキビ用の化粧品に変えてみることをおすすめします。

プロアクティブプラスでは3ステップセットの、クレンザー、トリートメント、ハイドレイターがあるので、ニキビができたら使用量を守って使います。

ニキビができたらどれか1アイテムを追加して使うのではなく、決められたフルラインで使ってみて、自分の肌に合っているかを確認しながら1週間、1ヶ月後の肌の様子を見てみることです。

ニキビ肌化粧品はニキビができやすい人用の化粧品ですから、洗顔や化粧水、乳液も専用に作ってあります。

フルラインで使って、毎日使ってみることで、ニキビ肌化粧品が自分の肌に合っていて、効果が出てくるのかを見極めることができます。

もしそれで自分の肌に合わなかったのなら、違うニキビ肌化粧品を使ってみること。
そうすることで、1つ追加して使うよりも肌が落ち着いてきやすくなります。

ニキビ肌化粧品も多く出ていますが、自分に合った化粧品を選びましょう♪

スポンサーリンク

まとめ

10代ニキビでも大人ニキビでも、化粧水だけでなく乳液でしっかりと蓋をしてあげましょう。
乳液がスキンケアラインに入っているのなら乳液も必ず使ってみることで、ニキビを早くよくすることができるはずです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする