テカリを解消!脂性肌を改善してサラサラお肌にする方法♡

4つの肌タイプの1つである「脂肌」。テカリがちなお肌は「脂肌」ある確率が高いと言われています。「脂肌」性のスキンケアはやり方を間違うと、悪化する恐れがあるので正しいスキンケアが必要です。そこで今回は「脂肌」の正しいスキンケア方法と改善方法をご紹介します!

スポンサーリンク

脂性肌 なんてもう嫌!

4つの肌タイプの1つである「脂性肌 」。
テカリがちなお肌は「脂性肌 」ある確率が高いと言われています。

遺伝や加齢から脂性肌 になることもあるので、日々のスキンケアは大事です。
でも、「脂性肌 」性のスキンケアはやり方を間違うと、悪化する恐れがあるので正しいスキンケアが必要です。

そこで今回は「脂性肌 」の正しいスキンケア方法と改善方法をご紹介します!

「脂性肌 」になる原因とは?

食べ物
出典:mery.jp

「脂性肌 」または「オイリー肌」とも言い、皮脂が過剰に分泌してしまう肌質のことを言います。
「脂性肌 」の主な原因は、「食生活」が大半で脂っこい物を好む人に多いとされています。

また、遺伝や加齢によって起こる事もあるので、皮脂を抑えるスキンケアが必要となります。
だけど、間違ったスキンケアをしてしまうと悪化してしまうので正しいスキンケアで改善しましょう☆

他には、「睡眠不足」など日常生活においてのストレスで皮脂の分泌が過剰に反応してしまうので、
ストレスを溜めこまないようにするのも改善方法です。

皮脂は極度の緊張と男性ホルモンが増加すると分泌しやすくなるので、
そんな時は、男性ホルモンを正常に整える事で皮脂の分泌も抑えられます。

肌質にあった正しいスキンケアで改善しましょう!

「脂性肌 」に合った洗顔方法。

洗顔
出典:http://www.buyma.com/item/14913285/

「脂性肌 」は皮脂が過剰に分泌している状態なので、洗顔を多くしがちですが、
皮脂の取り過ぎはかえってお肌に良くありません。
洗顔のし過ぎで必要な皮脂まで取ってしまい、逆に増えてしまうので洗顔は1日2回ほどで。

その他の肌質にも言えることですが、たっぷりの泡での洗顔をおススメします!
スクラブ入りは使うとピーリング効果で、ツルツルになりますがお肌の表面を傷つけてしまうので控えた方がベストです。

たっぷりの泡で優しく包み込むように洗いましょう☆
お肌に刺激を与えると、皮脂の分泌が増えるのでお肌をゴシゴシこすったりタオルで強く拭くのはやめましょう。

洗浄力の強い洗顔フォームよりも添加物の少ない固形石鹸などで、泡立てネットを使いふわふわの泡を作り、
刺激を与えない洗顔が「脂性肌 」にはおススメです。

とにかく刺激を少なめに‥。

食生活で皮脂コントロール!

イチゴ
出典:http://www.pakutaso.com/20140134027post-3750.html

洗顔方法の他に普段の食生活の見直しでも皮脂をコントロールできます。
甘い物は糖質が高めなので、糖は脂肪に変わるため皮脂量が多くなってしまいます。

皮脂を抑える方法は、脂肪と糖の摂取を控える事が一番ですが、大好きな物を我慢するのは結構ストレスですね。
それなら、普段の食生活を変えて好きなおやつも食べれるようにするのも良い方法です☆

皮脂コントロールに効果的な栄養素と言えば「ビタミンB2」や「ビタミンC」。
美容に一番効果的なのは有名です。
果物や魚野菜などに多く含まれているので意識して取るようにしましょう。

「食物繊維」で腸内環境を良くし、便通をスムーズにすることで、
余分な脂肪や糖を体の外へ出してくれます。

中性脂肪やコレステロール値を下げる青魚も、青魚に含まれる油が脂肪の代謝を良くしてくれるので、
脂っこい物が食べたくなった時はお肉の代わりに、脂ののった青魚を食べるのも良いですよ☆

ですが、お肉は力の付く食材なので週に1回などの間隔で量を決めて取ってみてください。
お肉料理の後は、ビタミンの摂取を☆
おやつを選ぶときは、なるべく甘い物は避けたいですが疲れた時はやっぱり食べたいです。
その時は、ブラックコーヒーや豆乳などの飲み物と一緒に取ることで糖の吸収を抑えてくれます。

脂性肌の質にあったスキンケア選びも重要☆

化粧水
出典:http://www.buyma.com/item/15286690/

「脂性肌 」の肌質は皮脂が過剰に分泌しているので、化粧水などはさっぱりタイプの化粧水を。
肌の部分に合わせて化粧品を使い分けるのも、良い方法です。
テカリやすいTゾーンには「さっぱり」系の、乾燥しがちなUゾーンには「しっとり」タイプを使い分けるのもおススメです。

「脂性肌 」の肌質には、クリームや乳液などの油分のケアは少なめにした方がベストです。
保湿はしっかりと補うことが大事☆

スポンサーリンク

まとめ

「脂性肌 」はお肌のバリアー機能が低下して起こる場合もあるので洗顔方法や普段のスキンケアを見直してみてください。
加齢によってなってしまう「脂性肌 」は、中性脂肪やコレステロール値を下げる食材を取ってみてはいかがでしょうか。

化粧品を選ぶ時に、1度「肌チェック」をしてみるのもおススメですよ☆

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする