キレイな髪の毛のための枝毛対策

枝毛を何とかしたいと思いつつ、いい方法が見つからないまま過ごしていませんか?
実は枝毛もきちんと対処することでなくすことができるんです。枝毛対策に有効なヘアケアの方法や生活習慣に関する情報をまとめてご紹介しちゃいます!

スポンサーリンク

キレイな髪の毛のための枝毛対策

ぱくたそ
出典:https://www.pakutaso.com/

女性の髪の毛の悩みのひとつに枝毛がありますよね。

枝毛があると、ブラッシングもやりづらいし、何より、髪の毛がまとまりづらくなり、髪の毛のシルエットがイマイチ決まらなくなります。
なので、枝毛を何とかしたいと思いつつ、いい方法が見つからないまま過ごしている・・・そんな方いませんか?

でも、枝毛も、ちゃんと、それなりの対策をとればなくなるんですよ。
その対策方法について、ちょっと、紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

枝毛にならないための予防法

枝毛にならないための予防法
出典:http://miconos.sakura.ne.jp

では、まず、なぜ、枝毛になるのか考えてみましょう。

実は、多くの原因は、伸ばしっ放しにしている髪の毛です。
こういう状態の髪の毛には枝毛が多くなりがちです。その理由は、伸ばしっ放しのままでいることで、どうしても毛先に栄養が行き渡らなくなるからです。そして、その結果として、髪の毛が乾燥し、その部分が枝分かれしてしまい、枝毛になってしまうのです。

なので、枝毛になってしまってからでは、もう、修復不可能です。
補修するトリートメントなどもありますが、それも、実は、完全に治せるわけではなく、結局、カットするしかなくなってしまいます。

だから、枝毛は予防が大事なんですね。では、どういう対策をとれば、枝毛が予防できるのでしょうか?

トリートメントは必須!!

トリートメント
出典:http://nurse-senka.jp

枝毛予防に大事なのは、毎日のヘアケアです。

そして、それに力を発揮するのは、やっぱり、トリートメントですね。
シャンプーだけでは、傷む原因になってしまいます。さらには、洗い流さないトリートメントもプラスすると効果的です。

洗い流さないトリートメントは、髪にしっかり栄養を与える効果があるので、おすすめです。
さらには、ドライヤーの熱から髪の毛を守ってくれるので、枝毛対策には、かなりの威力を発揮してくれます。

しかも、洗い流さないトリートメントは、就寝時の摩擦から、髪の毛を守ってくれる働きもあるので、かなり、心強い味方になってくれますよ。

ドライヤーでしっかり髪の毛を乾かす!

綺麗のためのコスメ館
出典:http://cosmekan.kenbilab.com/

もしかして、あなたは、自然乾燥をしていませんか?

実は、自然乾燥はかなりのNGなんです。
自然乾燥って、髪に負担をかけないと思っている方もいるかもしれませんが、必要以上に髪を乾燥させてしまうんです。

そして、この乾燥が、枝毛の大きな原因になるんです。濡れたままの髪をそのまま放置して自然乾燥をすると、なんと、必要な水分まで抜けてしまいます。
意外でしょ?

さらに、ドライヤーをちゃんとかけているようでも、その毛根が湿ったままだとキューティクルにダメージを与えてしまいます。
それによって、髪の水分量が失われやすくなるんですね。そして、その結果、髪が乾燥して枝毛になってしまいます。

髪の毛は、濡れたときにキューティクルは広がる仕組みになっているので、入浴後は長時間濡れたままにしないことが大事です。
つまり、枝毛でまず、心がけることは、トリートメントと、ドライヤーで髪をしっかり乾燥させる・・・このふたつです。

適切な形でシャンプーをする

シャンプー
出典:http://bihada-mania.jp

実は、シャンプーのやり方も枝毛予防には、重要なんです。

一番大事なのは、髪同士をすり合わせないこと。
髪の毛を洗うとき、髪事態をごしごしすり合わせて洗ったりしていませんか?

髪同士というのは、すり合わせてしまうと、傷む性質になっています。なので、すり合わせないでやさしく洗いましょう。

具体的に説明すると、シャンプーをするときは、髪自体ではなく、頭皮をマッサージするように洗う・・・それだけでOKなんです。
髪を洗おうという考えは捨てて、逆に、頭皮を洗おうというイメージで洗いましょう。

髪自体を洗わないと何となく不安だと思う方もいるかもしれませんが、実は、髪そのものは、シャンプーをして、泡が流れていく段階で十分洗えているのです。
なので、すり合わせて洗う必要はないんですよ。

頭皮をしっかり洗っているだけで、十分、髪の毛も洗えているのです。
こういう洗い方は、頭皮ケアにもなるので、枝毛だけではなく、健康な髪の毛を育てる上でも、効果的なんです。

トリートメントのやり方にも注意!

もちろん、シャンプーのときだけではなく、トリートメントの時も、髪同士をすり合わせないことが大事です。

トリートメント剤を毛先につけて、すり合わせずに、手の間に挟んで叩くようにつけていきます。
ここでも、やはり、髪同士をすり合わせると、枝毛の原因になります。

やはり、枝毛を作りたくない人は、「髪の毛をこすり合わせない」これが鉄則です。

髪の毛の表面は、キューティクルで覆われていることは有名ですが、髪をこすり合わせることで、キューティクルが傷み、この部分が徐々にはがれてくるんです。そうすると、髪の内部にある水分が蒸発しやすくなって、髪自体が裂けてくる・・・これが、枝毛になる理由です。

さらに、トリートメント剤は、地肌につかないように気をつけることも大事。
トリートメント剤を地肌につけてしまうと、頭皮の毛穴をふせぎ、抜け毛や薄毛の原因になります。
なので、枝毛が気になる毛先だけにやさしくつけて、洗い流す感じで使いましょう。

栄養のバランスのいい食事を心がける

 wooris
出典:http://wooris.jp/

お肌もそうですが、髪の毛も外側からだけのケアでは足りません。
内側からのケアがあってこそ、健康な髪の毛が保てるのです。

主に、髪の主成分はたんぱく質でできています。
なので、まず、たんぱく質が、ちゃんと足りているかチェックしてみましょう。

ほかにも、髪の成長に良いとされているのは、亜鉛や鉄・カルシウムなどのミネラルです。
これらの栄養が不足することによって、身体は、まず、それらを重要な器官に優先的に届けようとします。

すると、末端となる髪の毛は、かなしいことに後回しにされてしまい、栄養が行き届かなくなってしまうんですね。
外側からのケアだけでは、不十分だということを理解して、髪が傷みやすくなったら、自分の食生活が乱れていないかちょっと反省してみることも大切です。

睡眠時間も大事!

睡眠時間も大事
出典:http://googirl.jp

ところで、あなたは、毎日、ちゃんと規則正しく睡眠時間を確保していますか?

実は、髪の毛は、睡眠にも影響を受けやすいのです。

睡眠時間が足りなかったり、生活のリズムが狂ってしまうと、なんと、成長ホルモンが分泌しにくくなるんですね。
だいたい、この成長ホルモンは、夜10時~深夜2時の間に分泌されると言われています。

ここで、ちゃんと睡眠をとるかどうかで、髪の毛の状態も変わってきます。
もちろん、これは、髪の毛の場合だけではなく、お肌のためにも重要なことですよね。

毎日なるべく早い時間に就寝し、しかも、規則正しく一定の時間に就寝し、朝は定時に起きるという生活を送っていると髪の毛の調子も変わってきますよ。

正しいブラッシングの仕方を身につけよう!

ぱくたそ
出典:https://www.pakutaso.com/

ブラッシングも、枝毛ケアのだめには、すごく重要です。

ブラッシングは丁寧に髪の毛をいたわりながらやりましょう。

乱暴にブラッシングをすると、途中で、髪の毛が切れたり傷んだりしますよね。
すると、途中で切れた部分は、実は、髪の毛の断面がギザギザになってしまい、その部分から枝毛が発生することになります。

さらに、無理に髪を引っ張って結んだり、ブラッシングでの摩擦などでも切れ毛ができてしまうこともあります。
髪の毛を丁寧に扱うこと。これも、枝毛を作らない重要なポイントになります。

スポンサーリンク

枝毛になってしまったときの対処法

さて、枝毛にしないための方法をご紹介してきましたが、では、それでも枝毛になってしまったら、あなたはどうしますか?
そのためのベストな対処法についても、ご紹介したいと思います。

枝毛になってしまった髪を切る

髪を切る
出典:http://www.le-pla.co.jp

まず、枝毛ができてしまった場合、一番簡単な対策方法は、枝毛になってしまった髪の毛を切る・・・これに限ります。

切るということに抵抗がある方もいるかもしれませんが、現実問題として、枝毛になってしまった髪を元に戻すことはできないんですね。
なので、傷んだ髪を切ることから、まず、枝毛予防をするしかないんです。

実は、枝毛の原因の一つに、髪に栄養が行き渡っていない・・・ということがあります。
なので、対策としては、その部分の髪の毛を切るということが、一番、手っ取り早いんですね。

自分ではなかなか、自分の髪の毛の状態はわからないので、傷んでいるな・・・と感じたら、美容院などで、美容師さんに相談してみましょう。
すると、ちゃんと、チェックして、その部分をカットしてくれるはずです。

そのあと、その健康な髪だけを残して、そこから、ヘアケアをしっかりやれば、かなり、スタイリングも楽になります。
ちょっと勇気が必要な方もいるかもしれませんが、でも、枝毛対策をしようと思ったら、傷んでいる箇所は全て切るくらいの覚悟が必要なんです。

枝毛ができた箇所から数cmほど上をはさみでカットするくらいの気持ちでカットしてもらいましょう。

実は、枝毛は見た目よりも奥深くまで進んでいることが多いんです。
なので、目先だけの部分を切っても、同じことの繰り返しになることも多いです。

「こまめに枝毛を切っているのに、またできてしまった」という経験をしたことはありませんか?

それは、切り方の短さが原因なんです。
なので、枝毛を切るときには、自分で枝毛だと認識している部分よりも長めにカットするくらいでちょうどいいのです。

自分でカットするなら

 mamanoko
出典:http://weheartit.com/

理想は、美容師さんにカットしてもらうことですが、おうちで、急に枝毛を見つけた場合、カットしたくなりますよね。

そういうときは、斜めに切るのではなく、できるだけまっすぐに切るようにしましょう。
切り方が悪いと、また新たな枝毛ができてしまうことにもなりかねません。

さらに、枝毛を「抜く」のは、ますますだめです。

ご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、実は、髪の毛は、1つの毛穴に対して1本生えているのではなく、1つの毛穴から何本も生えているんですね。
だから、乱暴に髪の毛を抜いてしまうと、その部分の毛穴が傷んで、ほかの毛にも影響が出てしまうんです。
理由は、抜かれた場所に、空気が入ってしまい、痛みやすくなってしまうんです。

自分でカットしたい人は、ここに注意してやってくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

枝毛って、気になり始めると、とことん気になって、自分でカットしたり、抜いたりしたくなりますよね。
実は、それはかなりのNGだということがおわかりいただけたでしょうか?ちゃんと正しい形でのカットが重要なんです。

でも、まず、大事なのは、いかに枝毛を作らないかということ。
これは、普段の自分の生活やお手入れが、とても、重要なポイントになってきます。

なので、バランスのとれた食生活や、規則正しい生活を心がけつつ、普段のヘアケアのやり方にも注意をすることが何より大切です。

枝毛のない健康な髪の毛は一日にしてなら成らず!

ちょっとした心遣いで髪の毛もかなり変わってくるはずです。
そんなに難しいことではないので、ぜひ、枝毛に悩んでいる方は、自分なりに改善していってくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする