おいしく食べてキレイになろう!美肌になれるおすすめのフルーツまとめ♡

健康・美容を気にする多くの女性は、美肌になりたい!という気持ちを抱いていらっしゃるのではないでしょうか。化粧水、美容液、パックなどのスキンケアの他におすすめしたいのが、フルーツです。おいしく食べてキレイになれるなんてまるで夢のよう!今回は、美肌効果が期待できるフルーツたちをご紹介いたします。

スポンサーリンク

フルーツは美容に最適!

フルーツ
出典:agrimart.jp

健康・美容を気にする多くの女性は、美肌になりたい!という気持ちを抱いていらっしゃるのではないでしょうか。

化粧水、美容液、パックなどのスキンケアの他におすすめしたいのが、フルーツです。
おいしく食べてキレイになれるなんてまるで夢のよう!

今回は、美肌効果が期待できるフルーツたちをご紹介いたします。

スポンサーリンク

ビタミンCといえばコレ!「オレンジ」

オレンジ
出典:http://present.item.rakuten.co.jp/wf-cartgift/p/p-20150301/#p-20150301

オレンジといえば、メラニン色素を抑えるビタミンCが豊富に含まれていることをご存知の方も多いのではないでしょうか。

同じくビタミンCを含むフルーツとしてイメージされるレモンとほぼ同じ量が含まれており、さらに、レモンには含まれていないβ-カロテン(ビタミンA)も含まれています。

具体的な美肌効果としては、ビタミンCによるコラーゲン生成、美白作用とメラニン生成抑制作用でシミを薄くしてくすみのない肌を作ってくれます。

また、オレンジの皮で肘やかかとをマッサージすると角質のカサカサが取れるといった効果や、チョコレートやココアとの食べ合わせでアンチエイジングも期待でき、美しくなりたい女性にとっては万能なフルーツといえます。

透明感のある肌になりたい方にはぜひおすすめです。年中スーパーで手に入るのも嬉しいですね。

スポンサーリンク

見た目が可愛いだけじゃない!優秀フルーツ「いちご」

いちご
出典:http://www.secom.co.jp/bishoku/shokuzai/no2.html

見た目も可愛く、ジャムやソースにもなっていて大人気のいちご。

なんと、この可愛らしい見た目のいちごは6〜7粒食べると、一日に必要なビタミンCの摂取量をカバーできると言われているんです。

オレンジと同様、メラニン生成の抑制によってシミ、そばかすを防いでくれます。
ヘタをプチッととって簡単に食べられるので、忙しい朝にもおすすめです。

水溶性のビタミンCが流出してしまうので、いちごを洗って食べるときは、ヘタを取る前に洗うのが鉄則です。

他にも、いちごには余分な水分を排出するカリウムによってむくみを改善する効果、新しい細胞や血液を作り出すビタミン「葉酸」によって、貧血予防の効果にも期待できます。

女性の気になる悩みに答えてくれる優秀なフルーツです。

スポンサーリンク

たっぷりの栄養素で未来も美肌に!「キウイ」

キウイ
出典:http://www.pref.chiba.lg.jp/ryuhan/pbmgm/zukan/kajitsu/kiwifruit.html

キウイは栄養素がたっぷりのフルーツです。

美肌作りに欠かせない、強い抗酸化力を持つビタミンE、ポリフェノール。貧血予防の葉酸、有機酸。さらにアクチニジンと言うタンパク質分解酵素によって、便秘解消も促してくれます。

現状だけではなく、将来も美しい肌でありたいという方には、身体の錆び付き、老化を防ぐ抗酸化物質が不可欠です。

抗酸化物質には、性酸素に直接働きかける「スカベンジャー(Y)」と、スカベンジャー(Y)と活性酸素を橋渡しする「スカベンジャー(Z)」が存在します。抗酸化物質スカベンジャー(Y)、(Z)は、両方が揃わないと効果を発揮しませんが、キウイにはこの物質が両方含まれているのです。

つまり、キウイは1つで美肌を保つことができるフルーツなのです。
さらに、酵素によってデトックス効果を感じ、肌に透明感が生まれむくみも気にならなくなったという体験談もあります。

いつまでもみずみずしく綺麗な肌を保ちたい方には絶対におすすめです。

スポンサーリンク

毎日食べて潤う肌に♪「バナナ」

バナナ
出典:http://machi-photo.net/detail/photoId/944

バナナは食べやすさ、手に入りやすいことなどから食べる機会が多いフルーツかもしれません。

日本バナナ輸入組合による実験では、成人女性21名に、一日バナナを2本(可食部約200g)を4週間継続して摂取してもらい、バナナの摂取開始2週前、摂取前、摂取開始4週後、摂取終了2週間後に検査を行い、肌の水分量、油分量、弾力を計測したところ、バナナを継続的に摂取したことで肌の弾力、水分量、油分量の改善が見られたという結果が得られています。

バナナは毎日続けて食べることによって、美肌になれるということが実験による結果として得られているのですね。

さらに、お肌の大敵、便秘に効く腸内環境を整えるオリゴ糖、粘膜・皮膚を健康に保つカロテンや抗酸化作用のあるポリフェノールなどなど、肌を綺麗にしてくれる栄養素が豊富に含まれており、美肌への効果が絶大なフルーツといえます。

バナナはヨーグルトなど乳製品との食べ合わせの相性もよく、さらなる健康や美容効果が期待できます。
ほどよい甘さと独特の口当たりは毎日飽きずに美味しく食べられるので、効果を感じるまで続けることができそうです。

スポンサーリンク

若返り効果も期待!?元気になれる「ぶどう」

ぶどう
出典:http://kanko.city.mimasaka.lg.jp/detail/index_171.html

体内に吸収されやすい「ブドウ糖」は、ぶどうに多く含まれており素早くエネルギーに変わることから、元気が出る栄養素として知られています。
このぶどうにはビタミン類、カリウム、リン、カルシム、鉄分などのミネラル分も多く含まれていますが、ポリフェノールが特に豊富であることが有名です。

殺菌作用や抗酸化作用に優れたカテキン、目の周りの血流を改善し眼精疲労に効果があるアントシアニンなどの豊富なポリフェノール、さらにはタンニンや若返り成分と言われている「レスベラトロール」というポリフェノールも含まれています。

現状維持以上に、肌を若返らせるという素晴らしい効果が期待できるぶどう。
ポリフェノールは、皮に多く含まれているので、皮ごと食べたり調理を工夫したりしてうまく取り入れてみてください。

スポンサーリンク

美肌をトータルサポート!「りんご」

りんご
出典:http://weekly.ascii.jp/elem/000/000/010/10405/

サクサクとした食感がよく、艶のある皮まで美味しく食べられる人気のりんごは、美肌をサポートしてくれるエキスパートといえます。

まずはビタミンC。多くのフルーツに含まれていますが、りんごの場合は「酸化型ビタミンC」という、時間が経ったり加熱したりしても破壊されない特別なビタミンCを含んでいます。

酸化や流出を気にせずビタミンCをたっぷりと摂ることができます。
また、ペクチンを豊富に含んでいます。りんごは皮ごとおいしく食べられるフルーツですが、特に皮と実の間にあるペクチンは他のフルーツに比べて豊富なのでぜひ捨てずに一緒に食べてみましょう。

中性脂肪を減らすほか、整腸効果もあるため、便秘による肌荒れの解消も期待できます。

さらに皮には「りんごポリフェノール」が含まれていて、シミやそばかす対策もできます。
他にも含まれる成分としてカリウムはむくみ解消に、クエン酸は新陳代謝を活発にしてくれる効果に期待が持てます。

実は筆者も、朝だけでもヘルシーな食事を。という気持ちでなんとなく選んで毎日食べているのがりんご。
特別なケアをしているわけではありませんが、気になる肌荒れは一切ありません。化粧ノリも以前より良くなってきたような気がします。

知らず知らずのうちに、しっかりと美肌サポートをしてくれているりんごの力は偉大です!

スポンサーリンク

まとめ

フルーツ
出典:http://sweetnavi.net/

いかがでしたでしょうか。
好きなフルーツ、普段食べているフルーツに意外な美肌効果があることを初めて知られた方もいらっしゃるかと思います。

フルーツは、消化がよく食欲のない朝にも食べやすいので、特に朝食におすすめです。
ジュースやドライフルーツも人気ですが、フルーツはカットして、空気に触れた時点で酸化が始まってしまうことから、生で食べるのが最も美肌へと近付く方法だと言えます。

こちらで紹介したフルーツやお気に入りのフルーツなど、お好きな組み合わせをご自身で見つけて食べてみるのもいいかもしれませんね。

いしく食べられて、キレイになれるフルーツ。ぜひ毎日食べ続けて、美肌を目指してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする