【保存版】自分でできるリンパマッサージで体内美人に!

マッサージをする時、リンパの流れを良くする、という言葉を聞くのではないでしょうか。
そもそもリンパとは?マッサージをするとどんな効果があるのか?
今回はそんな疑問にお答えし、効果的なリンパマッサージの方法をご紹介します。

スポンサーリンク

リンパマッサージできれいになる!

自分でできるリンパマッサージ
出典:http://antiaging.akicomp.com/?p=343

マッサージをする時、リンパの流れを良くする、という言葉を聞くのではないでしょうか。
そもそもリンパとは?マッサージをするとどんな効果があるのか?
今回はそんな疑問にお答えし、効果的なリンパマッサージの方法をご紹介します。

スポンサーリンク

老廃物を運び排出するリンパ液

リンパ液というのは、体中をめぐるリンパ節に流れる液体のことで、血中や細胞から排出された老廃物を運び出す役割を持ちます。
猫背になっていませんか?首が前に出ていませんか?
普段の何気ない姿勢が原因で、リンパ液は滞ってしまいます。
たとえ正確にリンパマッサージを行っていても姿勢が悪ければ効果は半減。
背筋と首筋を伸ばし、膝をまっすぐに保つ。これが正しい立ち方です。
正しい姿勢を意識して生活すれば、リンパの流れを良くすることができます。

スポンサーリンク

リンパマッサージの方法

とはいえ、常に正しい姿勢を続けることは難しいかもしれません。
そんな時はリンパマッサージを行いましょう。
正しく行えば、首や肩のこり、腰痛の改善がみられたり、小顔や痩身の効果も期待できます。

リンパマッサージのポイント

リンパマッサージは正しい手順で行うことが鉄則。
リンパの出口は鎖骨です。
この鎖骨を先にマッサージすることで、最終出口がスッキリして遠くの部分のマッサージをしても滞りなくリンパを流すことができます。
イメージとしては、鎖骨→顔→わき→腕→そけい部→脚の順で行います。

次に重要なのは、マッサージを行う方向です。
次のイラストに沿ってマッサージを行ってください。
方向
出典:http://lymphmassage.web.fc2.com/FAQ.html#nurikata

なお、鎖骨にたどり着く前に各部の主要なリンパ節に向かってリンパを流すようにしてください。
この図で言うと、ふくらはぎなら膝窩リンパ節に向かってマッサージをするという感じです。

マッサージの強さにもご注意を。
皮膚のみに圧や刺激を加えるといった、優しい圧力をかけるようにしましょう。
リンパ管は皮膚の表面に分布しているので、優しく圧をかけるだけで充分効果を実感できます。
マッサージの際はオイルやジェルで滑りを良くして行ってください。

脚のむくみに効果的なリンパマッサージ

脚
出典:http://matome.naver.jp/odai/2140648404296363301/2140648507196739503

体液循環や排せつ機能低下によって引き起こされるむくみには、リンパマッサージが効果的。
①膝からひざの裏に向かってさする。
②足首からひざ裏のリンパ節に向かって撫で上げる。
ひざ裏のリンパ節の流れを良くするとむくみだけでなく脚やせにも効果的。
日課として行うとよいでしょう。

効果をより高めるために

①マッサージ前にコップ一杯の水を飲む。
リンパ液の濃度を薄めることで、流れやすい状態になります。
②リラックスして状態で行う。
リンパ管がゆるみ、体液の流れがスムーズになります。
③入浴後に行う。
体が温まり血行が良くなっているため、マッサージをするのに最適です。
④マッサージ後にハーブティーを飲む。
老廃物ん排出を促すため、利尿効果のあるハーブティーを飲むとよいでしょう。
緑茶やコーヒーでもかまいません。

また、運動するだけでもリンパの流れは良くなります。
縄跳びを少し飛ぶだけでも効果があります。

まとめ

マッサージ
出典:http://www.rattan-salon.com/massage.html

いかがでしょうか。
リンパマッサージはぐいぐいと力を入れなくても効果があるマッサージ方法です。
入浴後のリラックスタイムに取り入れるにはうってつけ。
毎日行うことで、体調が良くなったり脚のむくみが解消されるといった効果が表れるでしょう。
ぜひ一度お試しください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする